表示不能 ランプ切れ

パソコンのディスプレーバックライトは蛍光管が一般的です。
最近 面発光LEDを用いるノートパソコンを見かけるようになりました。

最近の無線機は、ディスプレー表示バックランプは
高輝度LEDが主流です。
数年前までは、パイロットランプが幅を利かせておりました。
ランプは寿命が短いのが玉に瑕です。
アナログ表示ですと、ランプが切れても支障はないのですが
液晶表示でランプ切れは致命的です。
たびたびランプ交換ではたまらないから
何とかしろとのことでLEDに替えてみました。

高輝度透明LEDに電流制限抵抗をつけたものです

そのままですと、スポットライトみたいで、役に立ちませんので
右のように頭をやすりがけして平にします。
乱反射をさすためです。左は加工前、右は加工後です。

基板に取り付けた状態です。
取り立てて御披露するほどのことではありませんが
地方の方でパイロットランプが入手不能の方
お試しになっては如何ですか?
今は高輝度LEDの方が入手しやすいと思います。
抵抗値は供給電圧で変わりますので
オームの法則を思い出してください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
↑ポチッとクリック御願いします



PCブログ
↑ポチッツとクリック御願いします