無線機の修理 今迄無かった故障 業務用ハンデイ

 ハンデイ無線機といえば、乾電池で動作するものでした。
たかだか、9V 電流もとれないから1w位が当たり前でした。
最近の、デバイス 高性能になりました
更にリチウム電池も大容量のものが出回りました。
そんなことから、あのちっちゃな ボデイで 5w出力の
ハンデイ機まで登場しました。

今迄、ファイナルモジュール以降が、焼損するなど
モービル機しかなかった事です。
それが、昨今のハンデイ機でも見かけるようになりました。

左が 業務用 5wハンデイ無線機
右の手垢だらけのは、iPhoneです。大きさ比較の為

ケースをはずした部分です。
ファイナル部分は裏側です。

基板をばらしました。 中央上の黒いのがファイナルです。

最近のハンデイ機は高出力ですから、ダイキャストボデイ全体で
放熱します。従って分解はこんな感じになります。

全体の写真


左後ろ キャラメル状のものがファイナル
手前のピンが、アンテナへの出力部です。
この間の、コイル よくご覧下さい。変色しております。
半田付けも、溶断してます。
電力通過部のコイルを全て半田付けのやり直しと多少の半田増加で
補強します。
この修理技術、今迄はモービル機の範疇でした。
業務無線を使用される方に無線機の使用方法を御理解いただくのは
大変ですが、送信は短時間にする事が、故障を未然に防ぐ手段と
お伝えするべきと思います。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
 ポチッとクリックお願いします

無線修理 TM-541 表示不能、表示欠ける 

1990年(平成2年)10月 ¥79800−
1200MHZ FM モービルトランシーバー
20年前の無線機ですがお客様にとっては大事な無線機です。
修理してご使用になる姿勢に出来るだけお答えしたいのです。
取りあえずお預かりするのが無線ラボのモットーです。

表示が出ません。
スケルチ開放で音が出てますので、表示関係です。
この無線機も、コネクター接触不良のようです。

前面パネルを外します。
概ね コネクター部亀裂と見当をつけ表示部を分解

上が、コントロールユニット 下は、ディスプレーユニット
これをつなぐコネクターを虫眼鏡で見てみます。

この写真でもわかるように、
ソケットと基板半田付部分に亀裂があります。
半田つけを、やり直しただけでは付け焼き刃です。
数ヶ月で又 同じ故障になります。

コネクターを除去して
5pフレキシブルケーブル、4pフレキシブルケーブルを
半田付けして完成です。 
メーカー純正のフレキシブルケーブルです
これがなければ全ての線を接続する作業になります。
1度処置しておくと、このシリーズ特有の故障も解決です。

このフレキシブルケーブル
もたもたしていると、熱で隣と導通します。
小容量のはんだごてを使い素早い作業が肝心です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
↑ポチッとクリック御願いします

PCブログ
↑ポチッツとクリック御願いします

無線機 修理 電源が入らない IC−381

 電源が入らない無線機の修理です。
確かに、プッシュスイッチを押しても反応がありません。
この機種は、コネクター亀裂でこの様な症状になります。
コントロール基板を分解します。

以前、修理した痕跡があります。
この修理方法、メーカーや指定業者ではありません。
しかし、この手法から素人修理では有りません。
なかなかの、腕とお見受けします。
今回の故障原因と関係ないので、この部分は手を付けません
本来ならば、この部分もフレキシブル基板交換致します。

この当時の無線機、
どこのメーカーも同じ様なトラブルが御座いました。
同じ様な、構造ですと、当然です。
この写真で判るように、コントロール基板と、VR基板をコネクターを
介して接続してます。
コネクターにストレスがかかり、基板とコネクターが剥離します。

この写真では、見難いのですが、ソケットの半田付け端子部分に
亀裂を生じております。
これが原因で、電源が入らない、音量、スケルチ制御出来ないのです。
修理方法は、先ず、このコネクターの半田付けやり直し
つまり、亀裂部分の修正。
次に、メーカー指定のフレキシブル基板に交換します。
これで、コネクター部分にストレスがかからなくなります。
予防修理として、パイロットランプ交換、リチウム電圧点検
更に、主要項目点検 調整 で元気になりました。

シャック エコ化 第3弾 ディスプレー PC等

 液晶ディスプレー
ACアダプターの出力側ケーブルを根本から切断し13.8V電源に直結
問題なく動作することを確認。

eePC-901を 接続する前にDCでの動作状態を点検

低い方から点検すると、10.99vでは 電源入らず
11.00〜12.99V迄 正常に作動
13.00vでは、電源が切れる 若しくは、電源が入らない
厳密に電圧が管理されているようです。
1.5v程度のドロップ電圧のために、AVRを作るのも面倒
ここは、3A程度のダイオード 3本つなぎで誤魔化すことに、、、、

これで、随分 ACソケットがすっきりするようになりました。

 にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ 
宜しかったら 上をポチッつとクリックお願いします。

シャックのエコ対策 第2弾 スピーカー100V電源をDC12Vに

パソコンを快適に使用できるようにと、あれこれ揃えると
あっという間に、ACコンセントの不足に悩まされます。
貴方のパソコン周辺、タコ足配線でぐちゃぐちゃでは無いですか?

AC電源を必要とするものに、パソコン用スピーカーがあります。
当方使用のものは、安物ですからスイッチング電源では有りません
100Vをトランスを介して降圧、整流 無駄ですね。
分解するとこの通りです。

右下 蓋に抱かれているのが降圧トランスです。
整流用ダイオードの出力側に、プラスマイナスを接続し
5Vから徐々に電圧を上げていきながら Ipodの音楽を聞いて見ます。
15Vでも歪みは有りません。
これ以上上げると、16V耐圧の電解コンデンサがパンクするので
止めます。
5〜15Vで動作することを確認しました。
15Vで大入力 つまり大音量で30分程音楽を聴いてみました。
ちゃんと動作しております。
では、13.8V DC電源で使用することにします。
これで、AC電源排除 2丁上がり

模倣される方は、自己責任でお願いします。
当方は一切関知しません。

パナソニック CF-R3 DC13.8V作動 シャック省エネ 第1弾

世はまさに、省エネ時代で御座います。
流行に目聡い性分として、我がPC周りを眺めてみました。
如何に無駄が多い事か!

何が無駄かと申しますと、PC関連機器
殆どが、AC-DCコンバーターを介しております。
本体は殆ど12v若しくは5Vで動作しているはずです
如何に、スイッチング変換効率良くとも85%程度でしょう。
それぞれの機器に1ずつ 付いております
9台の変換器の おのおの15%のロスでも合算すると
かなりのものです。

我がPC周辺では下記の通りです。
ディスプレー              2
ルーター                1
メインPC                1
メインPC スピーカー駆動用      1
CF-R3用                1
プリンター                1
ネットPC                 1

修理卓にもまだ多数有るのですが、それは別として
メインデスク周辺はこれだけの ACコンセントを
必要とする機器が御座います。

当方では、修理卓用に大容量スイッチング電源13.8V30Aを
設置しております。
いっそのこと、これら ACーDCアダプターを除去して
この大容量電源から、一括使用と考えました。

CF-R3のACアダプター出力電圧は16Vです。
理屈から言えば、13.8Vを昇圧する必要があります。

しかし 充電しなければ つまり電池を接続しなければ
そのまま使えるのではないかと想像しました。
DC13.5Vを供給し作動させてみました。
全く正常に動作します。
早速Webカメラ用に数日使用しましたが安定しております。

左上がDCケーブル
真ん中 LANケーブル
下 USBケーブルはWebカメラ用

DCコネクター拡大部  13.8v 30Aスイッチング電源に接続

Webカメラ用 CF−R3は DC13.6Vで動作させております。
(電圧は、PC端末で計測した値)
修理卓の CF-R3も同様にDC電源で使用しております。

お約束
これは、私の個人的実験報告です。
皆様にお勧めするものでは有りません
模倣して重大な事態になっても私は一切関知いたしません。
ましてや、メーカー及び当方には 問い合わせ等 一切なさらないように
この行為はアンダーカバーでございます!自己責任でどうぞ!

  にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
  ↑ ポチッとお願いします

 

無線ラボの WEBカメラ やっぱりパナソニック CF−R3

 無線ラボでは、函館住吉浜から津軽海峡に向けWEBカメラを
設置しております。
LANで直接制御すればよいのですが、ご予算少々  
最も安い方法での接続に甘んじております。

旧式PCでの24時間運用 意外と電気代がかさむのです
そこで、年末に ネットPCに交換しました。
数日間様子を見たのですが、不安定です。
突然凍り付きます。その時、PCは過熱状態
隙間を空けたり、対流処置をしましたが、たいした効果もありません
無理もありません。 そもそも使用目的が過酷です。
軽自動車で、高速道路を快適に走る事を求めるようなものです。

無理かな と思いながら、ポチ君(CF−R3)にお出まし願いました。
さすが、パナソニックのエリート へこたれません。
数日運用しましたが、不安がありません。
数年前の旧型PCですが、国産です、格が違います。
無理な使い方にも、しっかり答えてくれます。

とはいえ、ポチ君は、私の秘書ですから、お役御免は出来ません。
UBUNTU 勉強用の ポチ2号(CF-R3)を転用することにしました。

ところが、、、、、、、です。
カメラを認識するのですが、データのアップロードが出来ません。
意味不明で、数日間 悶々としました。
症状から、セキュリテイソフトの設定に問題があるだろうとおもい
設定を変えるのですが、ダメです。

業を煮やし、そのソフトを削除すると、問題なく動作します。
しかし、それでは、荒野に美女が素っ裸でいるようなもの
別のセキュリテイソフトを組み込みました。
何事もなかったように、軽快に動作しております。

これに気をよくして、暖かくなれば、せめて津軽海峡を
航行する船舶が視認できる位の、カメラにしたいと思います。

誰も見ていないだろうと思いながらの、1年でしたが
意外と沢山の方からご声援を頂き、豚が木登りの心境で御座います。
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

初仕事  PCトラブル解決から

本年の初仕事は、アツデン 28Mhz無線機の修理でした。
前世紀の遺物です。
PLLアンロックの為VCO調整でしたが、年代物なのでしばらく動作点検中

次は、送受信悪いとの無線機ですが、異常有りません。
さては、、、、、

そういえば、初仕事はもう とっくに済ませてきておりました。
休暇先で、無線機が調子が悪い との事で船まで出向きました。
確かに、レピーターにアクセスできません。
そこで、別のアンテナに切り替えたところ、正常でした。

アンテナ不良と判明。 船では良くあることです。
その時の対処の仕方を船長にご説明して一件落着。

これが初仕事と思いきや、
年末に、PC修理を手掛けておりました
部品入荷が1月2日でした。
HDD換装とデータ移行を2日に行っております。
最近は便利になりました。
暮れ 押し迫ってから部品手配をしても、正月2日に届くのですから

さて、半田ごての握りはじめは、これからです。

中古ケーブルの場合
先ず 受領時点検 導通テスターで良否判定
次に、ピン抜き作業、部品半田付け、導通テスターで更に良否判定
今日はこんな処で、1日終わりでしょう

     にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
     ↑ ポチッとお願いします


SSD プチフリ対策に朗報 S教授様より

 SSDは、近年中にHDDに取って代わる存在だと思います。
携帯電話にさえ、32Gのメモリーを搭載する時代ですから
1TBのSSDが安価で入手できるのも時間の問題でしょう。

一方 安価なSSDで問題になるのは プチフリです。
プチフリとは、プチっつとフリーズするからですか?
或る方は、トランセンドSSDはプチフリで使用に耐えないと言います。
私は、というと 何にも感じません。
その差は、ファイルの大きさのようです。
ブログ更新、HPの保守、メール主流ではプチフリは感じません。
パワーポイントや、動画編集等では、プチフリでイライラする様です。

何時も御指導賜ってますS教授様より嬉しいご連絡を頂きました。
こんな便利はものがあると、、、、
このソフト 知りませんでした。
電机本舗は、ネットPC関連で、ユニークなソフトを出しているのは
知ってましたが、これは全く初めてです。
下をクリックすればHPに飛べます。

  プチフリバスター Ver1.5

無料お試し期間が有りますので、検証してから購入することも
可能です。
SSDに換装してはみたものの、プチフリに我慢が出来ない方
お試しになっては如何ですか?

1年間のご愛読誠に有り難う御座います。
本年のブログは本日にて終了で御座います。
年明けから、あいもかわらない 話題を提供させて頂きます。
皆様にとって 良いお年でありますように

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

光ケーブル処理 雪国の場合 (DDAI工事担任者)

 インターネットの普及と相乗効果で光ファイバー網も主要都市では
当たり前になりました。
メタルケーブル時代では、極端な事をいえば、線を繋げば良し
問題にならなかった工事設置精度ですが
光ファイバーは、わずかなキズも伝送速度が極端に下がります。
積雪、凍結の無い地方では、ケーブル処理は、レイントラップを
作るくらいで済みます。
しかし、雪国では、油断するとこんな事になります。

斜めに張った光ファイバーケーブルに、融けた雪が雨だれのように
そして 夜間 凍結してつらら状になります。
この状態から4日目くらいでしょうか
メッセンジャーワイヤーも何時まで耐えるやら
光ファイバーは極度の曲げにクラックを生じて一巻の終わりです。
この様な状況を想定して、架設するのが職人の知恵で御座います。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ 
ポチッつとクリックお願いします