SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは cw@musen8.com 迄
メーカー対応可能なものはそちらへどうぞ。
氏素性不明(住所、氏名)の問い合わせは無視します。

修理受付保留中 
IC-DPR100 点検記
本機は誰でもが扱える無線装置です。
知識があるアマチュア無線家だけが対象では無いのです。
素人故の取扱不慣れがあるやも知れません。
何かあった時に即応体制がとれるように簡単な身上調査をします。
本機の電源は12Vから24Vです
トラック、船舶の場合 DC-DCコンバーターは不要です。

13.8Vで 送信したところ 5W 1.1A
徐々に電圧を下げていくと 10.1Vで 
突然スピーカーから女性の声で電圧が低いですよ とお叱りの声

パネルには低電圧 と表示されます。
これなら誰でも分かります。親切設計
ならばどこまで上げていくと正常に戻るか
少しずつ電圧を上げていくと

10.7Vで復帰 送信も可能です。
およそ11vを下回ると警告を発します。
モジュラージャック接続にも工夫の跡が見られます。
(メタルプラグと比較しモジュラープラグは接触不良になりやすく
 塩まみれの海上使用にも配慮が見受けられます)
日本製は時応じて改善や操作性の向上を新製品に反映させます。

注)
無線機上は 電圧、電流計付き1〜13V 4A可変電源

 
| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デジタル簡易無線局 申請
前回紹介のデジタル簡易無線機は無線従事者資格を問いません。
登録すればだれでも運用可能です。
登録申請書の提出が運用許可条件です。
申請書類は無線機に同梱されてます。
(申請しないで運用すると1年以下の懲役又は100万円以下の
罰金に処せられる事もあります。)
簡単な申請等ですが書類に無縁な方は
近くのハムにお願いと言う事もあるやも知れません。
知っていれば便利です。手続きはこんな流れです。

デジタル簡易無線局申請手順
2種類の申請方法があります。
1,1台のみで申請する方法
2,複数台で申請する方法。
 
1,は将来にわたって増台しない場合
  この免許は個別無線機に対して付与されます。
  この無線機が故障等で廃棄されれば免許は消滅します。
2,数台の無線機で登録する場合は包括登録申請書による記載手順です。
  利点は、増台した場合の申請料が不要です。
  又、無線機購入直後から使用出来ます。当初1台のみの申請でも可
 (運用開始から15日以内に開設届書を提出)
書類でわかるとおり無線機に対して許可される訳です。
無線機が故障等で廃棄されると1,の局は消滅します。
2,の場合は包括ですからそれはありません。
将来的に複数台を所有するのであれば2の申請が宜しいようです。
依頼されて申請をする場合は委任状が必要です。
代理人欄にあなたの名前を記載しても書類は受理されません。




 
| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
通信事情 自衛隊は?
アマチュア無線界にもデジタル化の波が
押し寄せております。
デジタル化は通信の秘匿性にも貢献しております。
通信秘匿の極みは国防通信ですがお粗末な国もあります。
軍事機密原文のまま送信
我が国の現状はどうでしょうか
野外通信システム
昔から光学関連はニコン 電波関連はNECが国防の一翼を
担ってきました
陸上自衛隊向け通信システム
日進月歩の技術革新  ソフトウエアで対応する時代です。
このシステム。世界中に普及させれば ミルスペック
ならぬ jaspec が世界を席巻するやもしれません。
来日する外国人が日本語を勉強して来るようです。
世界中の軍隊が、日本製通信機器を使うようになると
意思の疎通が図られ無駄な争いも無くなるとおもうのですが、、、
| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バンドプラン変更騒動
新年5日 アマチュア無線新バンドプランが施行しました。
アマチュアバンドプラン
その日以後 全国的にお空は暗雲漂い???
毎年徴収される電波利用料¥300- 機能してますね。
電波監視業務     
当該係官から電話による 新年のご挨拶ならぬ
口頭指導を受けた幸運な局 
お年玉付き年賀状当たるかも

この件 ほとんどが7MHz SSB帯での事。
簡単に説明致します。下記をご覧下さい

             (注)上記pdfから引用致しました。
従来でしたら、7.045MHz SSB交信可能でした。
現行は、オフバンドになります。
7MHz帯SSB運用ではLSBモードを使用します。
7.045MHzで運用すると狭帯域データ枠を犯します。
占有周波数帯域幅
回避する為には、側波帯分高い周波数で運用する事です。
バンドプランはバンドエッジ付近の規律保持が大事です。
7.1MHz以上はがらがらにすいてます。
この際、アンテナ同調を上側に調整してすいているところで
ゆっくりラグチュー等如何でしょうか?
電波型式及び周波数の使用区別について
周波数逸脱。口頭注意で良かったです。
この国に生まれて良かった 彼の国ではこんな事も
射殺されるチベット人
尖閣の甘い対応が仇にならない事を祈念します。
【水間政憲】スクープ!尖閣領有新資料公開
 
| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第2級アマチュア無線技士 講習会制度 やれやれ!
読者様から教えて頂いた情報です ありがとう御座いました。
無線従事者養成課程の対象資格の拡大に関する意見募集
JARLって 何? 設立当初の理念を忘れたのか?
仕切りを ハードルを下げれば どうなるか判っているはず。
誰でも無資格で使えるパーソナル無線 どうなりましたか?
あの轍を踏むのですか?お役所のお先棒担ぎ 露払い
アマチュア無線の健全な育成発展に寄与しない。
上級=国家試験のみ=総務大臣免許
下級=講習会   =地方管理局長免許
これ位の格調は必要と思いませんか。
資格は、差別ではありません。知識と努力の賜物です。
雁首揃えて出席すれば馬鹿でも2アマ でいいのですか?
少子化から新規受験者が少なくなり 業界救済策ですか?
天下りの温床維持 次の手は 3アマ、4アマを鴨ですか。
いやいや 最後は1アマ講習でしょう
利権 金脈はまだまだ埋まってます。
資格の安売り。 もっと先にやる事があるでしょう。
CWが無くなりコストが掛からなくなった
1アマ、2アマ国家試験受験料 高すぎます。

ARRLに習って ボランティア制度にして
1000円位で受験出来る様にしたら如何
ボランティア制度と共に 1アマに和文復活  
資格は難しい程、向学心を奮い立たせます。
入学試験と同じで、チャンスは年に数度で良いのです。
国家試験受験料が高すぎます。民営化の悪弊です。
JARLはボランティア制度を検討されては如何ですか?
この制度が出来るとボランティア精神でJARLに再入会する
OT、1アマも少なくないと思います。
誰も 人のお役に立ちたいのです。
1アマ、2アマ受験者を増やす努力をしないのですか?

養成課程対象資格を二アマ士に拡大することの見直し案
この仕組み 何かで見たと思ったら これです。
工事担任者養成課程講座
eラーニング
最上級 総合種工事担任者で 165000円
好きな時にパソコンに向かって居れば数ヶ月後には
AIDD種工事担任者資格者に。
お布施を払えば免罪符が手に入るのです。
贖宥状 お血脈 を彷彿とさせます。

ハムの世界も右へ習え ですか?
 意見公募要領 
おかみが下々から意見を聞くのにこの手法 
わずらわしさが先に立ち 民の声も躊躇します。
沢山の意見を求めるのであれば
掲示板形式も宜しいかと存じますが、

日本の免許、資格制度 世界に比較した難易度は別格でした。
某国で海難事故が多発してます
数十年前より、日本海での漁船や官庁船当て逃げ事件
元はといえば、舵を切る事が出来ない、避航措置がとれない
稚拙な操船術、乏しい知識、基本的な責任感欠如
出鱈目だった資格制度の為せる所作です。
教育に手を抜いたつけがこんな処に出てきております。
目を覆いたくなる様な、航空従事者の英語力不足等
日本では、到底合格出来ないレベルが
あの国では大手を振って闊歩しております。
免許制度、敷居を低くして良くなる事は何もありません。
上級免許を持っている事が、恥ずかしくなる様では
アマチュア無線も パーソナルの轍を踏むのか?
| アマチュア無線 | 00:01 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
V.UHF帯デジタル対応無線機について考える。

音声信号を搬送波に振幅変調や周波数変調をかけて
伝送するのが無線電話です。
このあたりの理屈はどなたもご理解出来ると思います。
理解困難なのがデジタル変調です。
直交周波数分割多重方式 は16QAM等でおなじみです。
V.UHF帯アマチュア無線はQMSKを採用してます。
デジタル変調方式はパソコンとの親和性やャンネル有効利用、秘匿性等
多くの利点が有ります。
アマチュア無線機も各社、デジタル無線機が出そろいました。
業界では、アルインコが最初だと思います。
当初は使い物になりませんでした。
ものの数分話をしていると、交信不能になったのです。
原因は簡単です。
無線機が過熱すると復調出来なくなるのです。
デジタル方式は、基準発振器の精度が大事です。
同期が大事なのです。
携帯電話では、基地局、中継局は、GPSからの
基準周波数にロックさせるから安定した交信が出来ます。

初期のアマチュア無線機は正確な基準信号が確保できなかったこと。
相互に数十Hzのずれがあっても復調出来なかったのです。
その後、無線機の改善や基準発振器精度が向上し
ソフト的にも改善が進みそこそこ実用の域に達したと思います。

| アマチュア無線 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新スプリアス基準 旧基準無線機 延命策

ランチエージングは数十年愛用した無線機を
更に長く使うように手当てする事です。
愛機が、平成34年以降 使えなくなるのではと
ご心配の事と存じます。
ご安心下さい、アマチュア無線は恵まれてます。
プロの世界は命令一下 駄目なものは駄目なのですが
まずは下記をご覧下さい

旧基準によるアマチュア無線局の無線設備について
平成29年11月30日迄  再免許可能です。。
平成34年12月1日以降 更新が困難になります。

電波法施行規則 第2条抜粋
無線設備規則別表第3号


スプリアス許容値    旧基準      新基準
HF帯        −40dB以下   −50dB以下

新法以前の無線機は、旧基準で製造されてました。
これが理由で再免許が出来なくなるという理屈です。

スプリアス省令改正FAQ

上記 FAQ 測定方法関係 問7 をご覧下さい。
旧型機も帯域濾過装置を付加する事により
新基準に適合します。

当方では従前より延命処置後、スプリアス計測しております
ほとんどの場合、概ね −50dBを満足しております。
困難な場合も LPF の使用をお勧めしておりました。
(日本人は昔から より良きものを目指す性
 古い機械でも余裕で合致していたようです。)
ちなみに市販 LPFは −60dB以上確保しております。
又、同省令施行近くになると、対策商品が販売されると思います。

タクシー無線等 業務用無線機は、使用者(無線技士)が
内部の調整、改造する事を許されておりません。
ある意味 高価な割に使い捨てで御座います。
再免許を却下されたらお仕舞いです。

アマチュア無線機は、TX-88Aでさえ 筐体輻射
LPF強化等 各種方策を講じれば再免許を妨げられません
アマチュア無線は大変優遇されております。
これは、アマチュア無線黎明期 先人の高度な知識、技術を
認めた国の施策だと思います。

土瓶口
LPF BPF等 フィルターは魔法の箱ではありません。
正しい取扱が必要です。
出鱈目半田付けのジャンパーケーブルで接続された
フィルターは用をなしません。
又無線設備の接地も同様です。
フィルターの効果を疑う前に、自身が作ったジャンパーケーブルの
残留SWRを把握するのもハムの習いで御座います。
全ての道具の特性、性質を見抜く事が大事です。
又、ビンテージ機は、お歳を召しております。
機械時計と同じで、時と共に調整がずれます。
数年に1度 スプリアス測定はじめ、健康診断は
欠かせないお約束で御座います。

| アマチュア無線 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ARD300  デジタル通信の申し子 使用記 その1
JUGEMテーマ:コンピュータ
無線電波は発信したら最期、その気になれば
その情報を入手出来ます。
ニイタカヤマノボレ」や、エニグマの昔から秘匿と
解読には、見えない戦いが御座います。

半世紀前の記憶で御座います。
当時、世界を席巻した日の丸鮪漁船団は7つの海に遊弋し
インド洋、大西洋、南太平洋等では当番船を仕組み
輻輳を避ける為 本邦へは当番船が統括発信していました。
通信秘匿の為 暗号表の管理は厳重でした。
無線室では くずかごのゴミ焼却処分は必須でした。
たった1枚のメモで秘密は漏洩します。
秘密保持にはごみといえども馬鹿に出来ません。

平和ぼけの今 三流売国議員が 向けられたマイクに
嬉しさの余り国家機密をべらべらしゃべる風情
スタンガンを 減らず口 にお見舞いしてやりたくなります。
秘密情報保護法等 生やさしい事で無く
スパイ防止法、国賊追放令、国家反逆罪の成立を望みます。

昨今、デジタル時代です。
でじたる通信を傍受しても現行受信機ではノイズだけしか
確認出来ず何を言っているか判らない
スキャンが止まっても、不快なノイズだけ。
何となく喉のつかえが取れません。
そんな折、発売になったのが
AOR-ARD300 AOR社製
同社受信機専用デジタル通信解析装置です。

同社製現行受信機は接続するだけで使用出来ます。
旧型機については、無線機内部配線変更等で使用可能です。

他社受信機には サポート対象外ですが
IF=10.7MHz若しくは45.05MHzであれば使用可能です。
(具体的には、IF出力レベル等にもよりますので
  実働点検は必要と存じます)

内部は、パソコンのマザーボードみたいです。
ADSP-BF533 やFPGA 等 まるでブラックボックス。
コンピューターの塊状態です。
エニグマは機械的に解読動作をしたのですが
本機は電気的に桁違いの高速で解析処理してるのでしょう。
D-STAR 始 め多くのデジタル方式に対応します。
(詳しくは同社カタログをご覧下さい。)
但し、すべてに対応する訳ではありません。
この種装置は、矛と盾 
解読できるようになれば解読しにくい装置が出現するのが
世の常で御座います。

AR−5000や IC-R9000等 高級受信機を使用の方で
デジタル通信が受信できないと いらいらなさっている方
本機はお薦めで御座います。

親亀の背中に子亀を乗せて
付属装置はこんな感じでしっくりいきませんね。
いずれ内蔵出来ないかとの問い合わせもあるでしょう。
AR5000は、いや AR8600でも不可能では
無いと存じます。
問題は表示をどう解決するか ですね。

お求めはこちらから
上記から取扱説明書がダウンロードできます。
 
| アマチュア無線 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アマチュア無線機 Sメーターの振れについて
 多数のHF高級無線機を駆使するお客様からの問い合わせです。
Sメーターの値がばらばらだが?との事

数十年前より無線屋とお客様の消えない話題です。
何時の頃からでしょうか RSTコード 
Sメーターの指示を発するようになったのは
FM機にSメーターが付くようになってからだと記憶します。
JSTコードを盾にお小言を発したOMも多々拝聴しました
昨今、Sメーター指示でRSTレポートを出す本末転倒が
主流となりました。多数決が民主主義 これも有りですか?

RSTコードは交信を成立させる為に重要な情報です。
通常 RSレポートと称しますが
51の報告はあっても15というのはあり得ない話です。

駆け出しの頃の話で御座います。
本船はケープタウン沖を変わり 大西洋に入った頃
それまで捉えていた 新聞放送(JJC) の信号が
ノイズに埋もれ受信できなくなりました
単調な船内生活 唯一の楽しみが新聞を読む事ですから責任重大です。
私のRSTは119です。スピーカーから聞こえるのはノイズだけ。
時々トーンが判別出来る程度です。
その状態でも局長殿はモールス符号を漢字で受信されてました。
人差し指と親指でVFOを、小指で音量を微妙に動かしながらの神業
RSレポートは個人の術も大きな要素です。

さりとて各受信機のSメーターの振れが違うのはすっきりしません。
Sメーターの振れと信号強度の関係はどうなのでしょうか?
JAIA 指針では40dBμ で S9 だったような
しかし強制力も無く各メーカーばらばらなのは今も変わりません。

下記は ケンウッドの例です
                  TS-570        TS-940
                14.101Mhz     14.175Mhz  
  S1               1dB          8dB +6dB -4dB
  S9                40dB          40dB ±6dB
フルスケール 100dB        100dB ±10dB  

アンテナ、ケーブル等もSメーターの振れに影響を与えます。
受信機は電界強度計ではありませんので、Sメーターのばらつきは
個性と割り切った方が楽しいと存じます。
デジタル全盛時代 この考え 骨董的かもしれません

 
| アマチュア無線 | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
再免許申請 従来方式と電子申請の比較
 アマチュア無線局免許申請 従前はJARL発行の
所定書式申請用紙を使用しておりました。
地方では入手困難 お困りの方もいらっしゃったでしょう。
先人のご努力で下記ソフトが出現しました。
 1、 局免印刷
    当方も大変お世話になっております。
    ありがとう御座います。

今回再免許申請に辺り
2,  電子申請 届け出システム がある事を知り、
    2局申請ですから 両システムで申請しました。

1,はご説明するまでも無く印刷、印紙を貼り投函すれば完了。
    作業そのものは数十分で完了です。

2,の場合の手順は下記の通り
  電子申請の流れ
  申請手数料納付の処で、JNBは対象外
  その為郵便局ATMでの送金となりました。
  居ながらにして手続き完了の思惑は叶わず。
  釈然としないのは、免許状発送用封筒の送付
  ここ迄作業して、興ざめです。
  将来 JNBが送金窓口対応出来る様になれば
  ネット上で全ての作業が完了するはず
  デジタル社会の恩恵を感じるのですが
  電子申請はペーパーレスかと思っていたのですが
  この作業は アナログそのものです。
  発信元で出来ない作業では無いと思いますが?
  (電波利用料の督促が出来るのですから)
  申請作業を開始してから10日程度を経て電子申請は
  完了致しました。


感想
初めての電子申請、何かと手間取る作業でした。
この程度の金額差なら時間、手間を考えると
再利用は躊躇致します。
改めて、局免印刷 に感謝した次第で御座います。
| アマチュア無線 | 06:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |