無線修理 DR-620 電源が切れない

 アルインコ DR-620 
電源が切れない という故障です。
昔の機械なら、電源スイッチのメカニカルスイッチを交換して終わり

この機械は、電源スイッチで、電力を遮断する構造ではありません。
と言うことは、CPUか? ならば大事です。
しかし、他のコマンドは全て正常ですから、それはない



回路を辿っていくと、Q63 2SB1386が怪しい
ベースまで正常に信号が来ております。
このTR に間違いないでしょう。



針の先のトランジスタが、2SB1386 
ごく平凡なTRですから手持ちが御座います。

半田ごて 2本で両側を挟むようにして持ち上げてとります。 
交換して一件落着
コメント