SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは cw@musen8.com 迄
メーカー対応可能なものはそちらへどうぞ。
氏素性不明(住所、氏名)の問い合わせは無視します。

修理受付保留中 
<< IC-P7 大停電対策仕様 | main |
アツデン AZ-11 送受信不能

日本圧電気(株) 28MHzトランシーバー

27MHz市民バンドは今も根強い愛好家に支えられております。

同じ様な帯域ですが、10mバンド モービル機は見かけますが

ハンデイ機は本機だけでは無いでしょうか?

当方は販売経験無く、恥ずかしながら初めての出会いです。

回路図をネットで探すのですヒットしません。

回路図無くとも修理は可能ですが、時間が掛かります。

 

送受信不能、 表示の通りアンロックです。

受領時点検で、症状確認。

アツデンは、PCS-7800等販売修理は経験してますが、

本機はそれに比べ、大変強固、丁寧に作られてます。

防水、気密性は特筆すべきものがあります。

 

ロックはずれは様々な原因で発生します。

まずは電源系統から点検。

AVR電圧、異常なし。

VCO電圧確認  4.7v 異常 ここは1〜3V位のはず。

12.4MHz波形観測、  正常

 

VCO-BOX に着目します。

いずれのコイルもコアが着低 固着。恐らくこれが原因。

破損は免れてますが もろいので極めて慎重な扱いが必要です。

時を経た部品、壊れたら部品入手困難、

固着したフェライトコアを力尽くで回すとコア破損は間違いなし。

過去、のっぺらぼうのコア その修理には大変な手間が掛かりました。

 

慎重な作業ですが大変時間が掛かります。

その間に、他の原因と思われるところの点検も同時進行致します。

フレキケーブル系、導通検査及び半田付け修正

接点部 アルコール洗浄

ソケット基部 半田付け補強

 

翌日 コア浮上作戦、成功

ロックがかかりました。

しかし周波数範囲が狭く帯域内安定しません。

この調整は微妙です。 

電圧可変 コア破損防止等々時間を掛け調整。

性能点検、調整

周波数調整 OK

周波数変移 OK

12V Hi 5W  1.2A

12V Lo  0.6W   430mA

9v Hi  2.5W  820mA

9V Lo  0.5W   390mA

受信感度、スケルチ感度 −20dbµ OK

変調度、周波数点検調整。

その他

防水パッキングゴム劣化に起因する柔軟度低下

部品入手困難な為、温存

一件落着。

 

余談

VCO ロックはずれ どの無線機でも起こる故障です。

ほんの僅か、回すだけで解決するのですが、

逆方向に回すとこんな事になります。

一旦着底すると浮上さすのは相当の技量が必要です。

メーカーではこの種故障は修理不能が一般的です。

今回は運良く浮上しましたが、これが失敗の場合

VCOーBOX分解、同一寸法のボビンに手巻きでコイル作成等

多くの時間と費用が掛かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1295097