SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは cw@musen8.com 迄
メーカー対応可能なものはそちらへどうぞ。
氏素性不明(住所、氏名)の問い合わせは無視します。

修理受付保留中 
<< TM-541 A1 ランチエージング その3 調整完了 | main | 北海道大停電 始末記 その2 >>
IC-PCR1000 修理 周波数ずれ

この症状は耐用年数をはるかに超えた無線機が辿る病気です。

以前 同様修理作業開陳致しました。

今回はあの轍を踏まない様に更なる慎重を期して作業致します。

受信機として今も現行機種に勝るとも劣らない名機ですから

ゴミにする訳には参りません。

新旧水晶でデータ計測

                 調整値 0   調整値 255

純正Xtal   10.249716       10.249971

新 Xtal   10.249191       10.249523

いずれのXtall でも規格に合致しないので定数変更で対処。

上記回路 C321 18P を 10Pに変更

純正水晶で 調整値0で規格に収まるが伸び代 劣化具合を考慮

不採用とする。

新規水晶採用、 167 で ゼロイン

一件落着

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1295091