SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは cw@musen8.com 迄
メーカー対応可能なものはそちらへどうぞ。
氏素性不明(住所、氏名)の問い合わせは無視します。

修理受付保留中 
<< IC-PCR1000 その6 ボトルネック 地雷その4 | main | TM-833 ランチエージング >>
IC-PCR1000 その7 調整 船出

調整アプリ(EX2099)を起動。 149.97MHzを入力。

まず10.250MHzの調整。 デフォルトは128、

88でゼロイン。

更に 1ST LO、 2ND LO、 PLL点検。

その他主要項目点検。調整。

 

このアプリは様々な調整が可能です。

BPF帯域調整が出来る等、使用目的に応じて自分だけの

受信特性を持った受信機ができあがります。

世界のハイレベルリスナーに人気がある由縁でしょう。

 

最後に最も誤差が大きいバンドエッジではどうか?

当然ですが、ゼロインです。

基板の全てのネジを点検 締め増し 

 

数日、エージングして電波の海に船出します。

10年後 息災を祈念しながら!

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1295061