SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは cw@musen8.com 迄
メーカー対応可能なものはそちらへどうぞ。
氏素性不明(住所、氏名)の問い合わせは無視します。

修理受付保留中 
<< ブログ 再開致します。 | main | IC-PCR1000 故障 3重苦 その2 WIN10で動作するか? >>
IC-PCR1000 周波数ずれ 3重苦 その1 

平成9年(1997)10月発売

IC-PCR1000  パソコン操作型本格受信機。

パソコン操作の電波が見える受信機。

当時スペアナは非常に高価 電波がPCディスプレー上に

表示するのですから 受信マニアのみならず

貧乏修理屋も計測器の一翼をになっておりました。

高価な測定機で無くともこれを使いこなせれば

相当な修理の助っ人になります。

 

本機の利点でもあり弱点は、パソコン依存に尽きます。

パソコン無ければ木偶の坊、屁の突っ張りにもなりません。

パソコン世界は日進月歩 OSはWIN95、98、98SE

WIN2Kと2年毎にバージョンアップですがXPで終焉。

それ以降のOSはそれまで動作していたアプリが

動かなくなる事も有るのです。OS依存の弱み。

本機の RS-232CはWIN10では使えません。

メーカーサポートは昨年終了。

ところが、、、世界では今も本機の人気は衰えません。

理由は使えば判ります。

 

長い長いお付き合いの お客様より修理打診が御座いました。

修理は出来ても、調整が出来るか、

その前に点検するPCを持たない当方に手に負えるかどうか?

迷った場合 当たって砕けろ! Go for broke!

 

写真添付で受信機受領致しました。

 1Mhz台   正常

 100MHz台 10KHzずれ

 400MHz台  20kHzずれ

 1000MHz 40kHzずれ

 

写真、故障履歴、過去の修理伝票添付はとても有り難いのです。

SGお持ちのお客さまのスキル ご配慮ありがとう御座います。

 

初心者の皆様。

上記写真から何を読み解きますか?

規則的な周波数ずれ、が判ります。

この場合 ブロックダイヤグラムで数値の相関関係を洗います。

マクロからミクロへ、ピンポイントの答は熟達者によるものですが

想像力を働かせるのは初心者にも出来ます、

考える事は楽しいものです。

 

故障原因

基準発振部周波数ずれ と見ました。

現行機種なら調整で解決します。

本機は10年以上の時を経ており経験則から10年後を考え部品交換します。

(発振限界付近でのゼロインは不安定要素)

 

メーカーサポート対象外ですから部品調達困難。

一方、この周波数は特注しなくとも市場調達可能と思います。

 

まずは受領時点検。

当方のWIN10 PC  手持ち変換ケーブルはWIN98用のため動作不能。

ネットで対応ドライバを探すのですが見つかりません。

のっけから立ち往生です。

 

その障害は以下の通り

1,WIN10対応変換ケーブルが必要

2,10.250MHz 水晶 調達手配

3,調整アプリ(EX2099)入手困難

  (アプリ入手不能の場合 周波数調整が可能か?)

 

以上の経過報告と着手可否をお客さまに伺います。 

 

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1295053