SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
<< RP70F 受信不安定 その2 デュプレクサーが悪さ | main | 旧スプリアス規格の無線設備への対応について >>
JRC JST-10A ランチエージング

戦前からの通信機メーカー日本無線が昭和61年に発売した名機。

7MHz、21MHz、CW、SSB 10W (別売ニッカド電池使用時)

国内ではCWerに、海外ではSSBで使う方が多かった様です。

ユーチューブ、JST-10Aで検索すると動作中のものが見られます

このデザイン、無骨ですね、ハム業界では考えられません。

官公庁、船舶、マスゴミ用途にJRCが世に出したものです。 

災害現場で似たような機種にお目にかかった事があります。

 

動作確認、良好な保管状況から概ね スペック通り

30年の時を経てもJRCの信頼は揺らぎません。

ビンテージ機は動作していれば触らぬ神に祟りなし とはいえ

更に 数十年現役の願いを込めて延命処置を施します。

電池ボックス、遮蔽金属板を外したところ、

乾電池使用のトランシーバーは電極板、スプリング腐食が普通ですが

本機はぴかぴか こんな処からも未使用と思った次第です。

単2乾電池では、内部抵抗が高い為 10Wは出ません。

可搬状態で10Wにはニッカド電池、リチウム電池使用が必須です。

 

上は受信基板、

受信基板の電解コンデンサ お漏らし数カ所 アルコール洗浄

送信基板、電解コンデンサ 

表示部にはチューブラ

チューブラが無いので通常のものを取付

基板は、制御部、送信基板、受信基板の3層構造

 

送受信点検

7MHz  10W以上

21MHz 10W以上 電源は13.8V安定化電源から

 

この無線機に今後数十年の想いを込めた意味。

時を経た無線機、バリコンやバリLが機械的に修復困難です。

本機の周波数可変は VXO 仕様です。

単純な機構ですから故障も少ないでしょう。

問題は30年後、この無線機を使いこなせる若者がいるか?

本機のデジタル表示は目安です。

実にアナログ的です。

キャリアポイント表示ですから両モードで3KHz幅です。

(昭和ハムには当然でも現行高性能無線機になれた

 現代人にはこの意味理解出来るか?)

本機は故障品と写るやも。

取扱説明書には回路図、分解図等も記載されてます。

現行無線機は、ライフサイクル20年は疑わしいですが

本機は、極めて基本的な回路設計、基盤構築ですから

多少知識があれば、ご自身で修理も可能です。

そんな意味でも、得がたい名機だと思います。

 

 

| ランチエージング | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
当局も所有しており現役です。(Aが付かない初期型です)
Phoneは非力で厳しく、ご指摘の通りCW運用中心です(苦笑)
泣き所はVXO回路に供給している8Vラインに3端子レギュレータが使われていて、減電圧特性が悪い点です。
乾電池やニッカド運用していると、送信時の電圧降下で激しくQRHします。
中古で入手した所有機を含め、いくつか同機種の内部を見ましたが、みな+Bラインを改造(改悪)していました。
レギュレータのシリーズ接続や、温度補償を狙ったダイオード追加など。
対応は至ってシンプルで低ドロップ型のレギュレータに交換するだけです。
ただ、最近では8V0.5Aや1Aタイプの入手が困難になっているのが悲しいですね。

純正のホイップANTは意外と優秀で、使い勝手もよく国内では十分実用になります(但し、CW限定ですが…笑)
部品取り用の予備機もありますので少なくとも後10年は現役で使うつもりです。
| カムバック組 | 2017/08/17 4:24 PM |

カムバック組様

AVR、7MHzアンテナの件、仰せの通りで御座います。
本機をSSB運用は厳しいですが、CWなら楽しめます。
大容量リチウム電池が安価に入手出来る様になりました。
まだまだ、退役は早すぎます。名機での運用末永く続く事を
願っております。

コメントありがとう御座いました。
                  昔エレキ少年
| 昔エレキ少年 | 2017/08/17 4:49 PM |










http://musen8.musen8.com/trackback/1295039