SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは cw@musen8.com 迄
メーカー対応可能なものはそちらへどうぞ。
氏素性不明(住所、氏名)の問い合わせは無視します。

修理受付保留中 
<< 技術革新の賜物 LTC1799 発振器 | main | 津軽海峡 漁り火 何処へ? >>
無音PCの快感 LIVA X2 放熱器増設

無音PCの魅力から本機を導入したのですが

あくまで従者のつもりでした。

メインPCも静音PCですから、うるさくはないのですが

比較するものがあると、音が気になって仕方が無いのです。

次第に電源オンの機会が少なくなり、非力とわかっていても

LIVA X2 を使っております。

 

当然ですが、多くの処理をするとカクカク、保留が

CPU使用率100 時間と共に保留が多くなります。

放熱で改善できないかと、試します。

3mm程度の銅板を探したのですが適当なのが見つからず

タワーPCに使っていたCPUの金属部を利用します。

表はそのままで良いのですが

裏側 四周が2mm程高いのでをやすり平にします。

銅箔で補強

これで隙間が埋まりました。

CPU放熱器に銅板を介して金属板を取り付け放熱効果を上げます。

根本的解決にはほど遠いのですが、出来る事はやってみます。

 

24時間ほど使用して感じた事、

確かに放熱性能が上がりました。

CPU 55度程度  SSD 60度程度

放熱器増設も功は奏したのですが、底蓋を開放して

対流を良くした事も相まっております。

 

 

| パソコン | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1295006