SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
<< LIVA 2G/64G  128GB SSD増設 | main | IC-RP1210 動作不安定 その1 >>
1200MHz 中継装置に想う事。

かって1200MHz帯は、ハムに100MHz付与されてました。

半世紀近く前、40MHz削減され、危機感を覚えたOTが

メーカー製無線機の無い頃、自作無線機で運用しました。

当時、1200MHzは未知のバンド、せいぜい数キロしか

交信出来無かったのですが、レピーター開局と共に

交信範囲が広がり、運用者も多くなりました。

ひとまず、1200MHzバンドが安泰でしたが

近年、同バンドで運用する局が激減し

とうとう1200MHz帯の2次業務に成り下がりました

尖閣と同じ、隙を見せるとこうなるのは自明の理。

周波数は貴重な国家財産です。

使わないのは必要な業務に付与するのは止むをえません。

他力本願で既得権益を守る事が出来ません。

今、1200MHzはレピーター局が主体です。

市販中継装置の修理は終了し1200MHz帯は

風前の灯火です。

 

次回より1200MHz中継装置再生への道が始まります

| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1295001