SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
<< 船舶気象通報局 テフシ近し | main | 電子部品の進化 >>
1.2G 船舶設置アンテナ故障 

現在出張工事は承っておりません。

旧知の船が当地入港しての依頼ですから無視できません。

1200MHz無線機送受信不能でしたが無線機は異常なし。

同軸ケーブル両端 N型コネクター取付やり直し、

ケーブル先端にダミーを取付ケーブルのSWR点検 OK

アンテナ不良と判断し、新規アンテナ設置し問題解決。

 

ですが、、、、、、アンテナが悪いのならどこが悪いのか?

レッコするのも釈然としないので持ち帰って調べてみました。

金属部分の直近グラスファイバーを切断します。

グラスファイバー筒を引き抜いていくのですが

エレメント断線はありません。

コンデンサ半田付けを注視します。

半田付けにクラックがある様です。

ピンセットでつまむとこの通り

原因はこれです。

 

船舶はピッチング、ローリング、ヨーイングだけで無く

エンジン振動や寒冷、酷暑等外的要因が陸上固定設置と比較に

ならない過酷です。

表面塗装も剥げ落ち、繊維のとげとげが見受けられる状態。

よくぞ風雪に耐えたと労をねぎらうのですが廃棄するのは無情です。

再利用を試みます。

 

壊れてしまったもの、壊してしまったもの 

そのまま不問に付すこと無く原因究明は知識の肥やしになると思います。

何故を忘れたくないものです。

コピペ、パクリ国家には、育たない作業でしょう。

 

| アマチュア無線 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1294971