SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
<< 最新モービルトランシーバー感度不良? | main | 油断 ハムで良かった >>
新スプリアス規格 古い無線機は?
アマチュア無線機スプリアス関連で当ブログを
訪れる方が多いようです。

古い無線機を使用なさっている方。
ご心配は当然です。
JARDに無線機を託された方 如何だったでしょうか。
こんな記事がございました。
写真で見るJARD「スプリアス調査」測定現場に密着
記事ではすべての無線機が規格を合致した様です。
上記点検は、JARL認定機種等の制約があります。
それ以前の古い無線機はお払い箱でしょうか?
古い無線機でも昭和50年代以降のものは大丈夫でしょう。
それ以前のものは手作りのようなもの、
それでも調整、整備、フィルター増設等で合致するでしょう。
手作りの時代は、きめ細かい調整等が必要でした。
そこに魅力を感じる方もいらっしゃることでしょう。
スペアナは一目瞭然でスプリアスがわかりますが、
手間暇かければ広帯域受信機でも目安くらいにはなります。
新スプリアス基準 抵触するもしないも腕次第。
きれいな電波目指して、愛機の整備を致しましょう。




 
| 無線修理技術 | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1294928