SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは cw@musen8.com 迄
メーカー対応可能なものはそちらへどうぞ。
氏素性不明(住所、氏名)の問い合わせは無視します。

修理受付保留中 
<< IC-726 KJF 送受信不能 | main | DVAM その2 段々良くなる法華の太鼓 >>
50A/100V デジタル電圧電流計(DVAM) その1 
100Wトランシーバーの電力計測には20A程度の
電流計測も必要です。
安定化電源を見るのですが視線移動が煩わしいのです。
電力計横にテスターを配置し視線移動を避けているのですが
その都度設定するのも面倒です。
更にテスターレンジは12Aですから心許ない。
良い方法が無かろうかと探していて見付けたのがこれ

50A/100V デジタル電圧電流計 赤緑
なかなかの優れものです。味噌はシャント抵抗です。
大容量を正確に表示さすにはシャント抵抗の規正も必要です。
安価な製品ですが細かい作業が見て取れます。
メイドインチャイナ 侮れません。
これを使って ささっと作ったのがこれ

赤黒線先端にバナナプラグを付け安定化電源端子に接続
反対側はターミナル 負荷を接続します。
4v〜30v ならそのまま使えます。
それ以上で使用する場合メーター電源は30v以下にする必要があります

HFトランシーバーに接続 受信状態、

写真下の部分がシャント抵抗です。
ケースに収める為に絶縁部をカットしました。
自作派にこんな計器があればべんりでは
と思い御紹介致しました。
 
| 電気いじり あれこれ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1294734