SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
<< キンドルHD 使用記 | main | ランチエージング TM833 健康診断 赤信号 >>
IC-207 誤動作、送受不安定
 
誤動作の原因はこれです。
たったこれだけの隙間が無線機をだめにします。

スタンドが折れてます

これでは外からは判りません。

ケース交換します。

ついでにランプはLEDに交換

本機は ランプ取り付けが2箇所しか有りません。
相当高輝度のLEDを使いましたがそれでも真ん中あたりは
輝度が欲しいところです。

本機の場合 ケース破損では、電源が入らないとか
様々な故障を生じます。
応急修理は隙間を接着剤で固定する事ですが付け焼き刃です。
今回は、ケースが入手出来ましたが、無ければ
スタンド成型する事になります。

次は、送受信不安定は、、、
スケルチ解放レベルが20db 両バンドにた様なものです
というわけで分解すると

これも経年劣化でしょう。
半田付けで完了。ファイナルが生きていて良かったです。

過去の修理例

PCブログ
ポチッ が励みになります

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
ポチッが励みになります

| 無線修理技術 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1294391