SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
<< 無線機修理 IC−2410 表示不能 | main | 無線機修理 IC−2330 VHF受信音出ない 表示不良 >>
無線機修理 IC-W31 メーカー修理不能
IC-W31 数年前にメーカー修理不能との事です。
以前 修理したお客様より、再度 ご用命で御座います。
 職人冥利に尽きる嬉しい仕事です。
何が何でも ご要望に応えなくっちゃ フォーー


乾電池仕様のハンデイ機は、長期間電池を入れたまま保管すると
液漏れから、本体まで腐蝕する事が御座います。
又、ニッカドパックでも、長期保存の時ははずすのが良いでしょう
本件は、そのたぐいのようです。

最近の電池は液漏れが少なくなりましたが、転ばぬ先の杖
はずしておく事が、愛機への務めです。

右がメインユニット
左はロジックユニット 下の方が腐蝕しております。
一見、たいしたこと無いように見えますが
腐蝕は目に見えないところから侵攻します。

部品側です。こちらは、手直しすれば使える位の程度です。

キーボード側です。
ほそいパターンが腐蝕 断線しております。
キーボードパターン部分も2箇所致命的です。
洗浄して導通点検、増線処理ですが密着度が悪くなるので
部品側から配線の必要があります
しかし現在進行中の腐蝕を止める事は出来ません。
修理不能扱いは、メーカーとして当然の処置と思います。

これで終わっては、当方の出る幕が御座いません。
何とか 再生方法を考えます。
腐蝕を見越してどんどん配線するか 
それでは修理代が高騰します。   隠し球が御座いました。

当方で手持ちロジックユニットが御座いました。
交換すると、見事に復旧です  当たり前か!

サービスマニュアルに従い整備、調整をしていきます。

多少周波数ずれ、UHFでの出力減少が見られましたが
特に支障は御座いませんでした。

最後はニッカド電池を繋いで充電状況と、
エコノミーローでの電力消費状況を点検、異常なし
これで、蘇りました。


IC-W31 取り説はこちらから

| 無線修理技術 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1294099