SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
<< 無線修理 IC−2S、IC−3S 故障あれこれ | main | 無線機修理 IC-W31 メーカー修理不能 >>
無線機修理 IC−2410 表示不能

 IC−2410 平成3年発売 
無線機にファンが付いたのは本機からではないでしょうか
TW-4000の大きさが普通でしたから、コンパクトは魅力
ポジティブタイプが標準ですが、ネガティブタイプも有りました。(本機)

電源が入るのですが、表示が出ません。

ランプが全部切れております。 全て交換します。
高輝度LEDは、レンズで光を集束させますが本機に取り付ける
場合は、拡散させる為、レンズ部分を平に削ってます。
取付場所によって45度角度をつけた方が良い場合も有ります
又、大電流を流しても寿命を縮めるだけで光量はその割りに
増加しません。13.8Vでは2kΩ程度にしてます。

しかし 相変わらず表示が出ません。
この症状 以前ご紹介致しました。
IC-901 その2 原因判明  と同じ類です。

両側のフレキシブルケーブル 半田付け側 先ず取り外して全ての
古いハンダを除去、洗浄し新しいハンダを使います。
Rohsのハンダは絶対使わない事。
リチウム電池 電圧点検 3.1v以下なら交換
本機は、電圧無しですから勿論交換

このケーブルは、IC-901より更に注意を要します。
金属部分が太いので、半田鏝を漫然と当てていると白い部分が
あっという間に溶けてしまい、隣と接触します。
短時間で、確実性を要する作業です
30w以上の半田鏝は使うべきではありません。
腕に自信が無い方は道具だけでも適材適所に使って下さい。

更に画面 左上 ボリウム基板も注視します。
クラックがあれば、いや無くとも上記と同じ作業を
ついでですから、施した方が良いでしょう
本機の場合、両バンドともボリウムのガリは無く交換の
必要はありませんでした。


リチウム電池交換 
マニュアルに添って再調整
送信出力 144MHZ帯 40w以上
     430MHZ帯 25w以上
受信感度、 初期性能を満足しております。

受信範囲は下記の通り
118.000〜135.995MHz AM(RX)
136.000〜174.000MHz FM(RX)
144.000〜146.000MHz FM(TRX)
320.000〜479.000MHz FM(RX)
430.000〜440.000MHz FM(TRX)
830.000〜950.000MHz FM(RX)

但し、800Mhz帯受信の場合は

上記のコネクターにアンテナを接続する必要があります。

全般的に受信機としてもまずまず 魅力的です。
国際VHF、消防、救急は、非常に感度が良いのですが
118〜130Mhz帯のエアバンドはおまけ程度
専用受信機と比較するのは可愛そうです
その他、詳しくは 下記取扱説明書をご覧下さい

IC−2410 取扱説明書


| 無線修理技術 | 07:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
UHFの音の大きさが小さく不安定でした。
ボリュームを触ると音の大きさが変わりました。

ここのホームページに見て半田の不良と思い、
ボリュームの付け根と近くの腐食気味の所を
再半田したところ、回復しました。

ありがとうございました。

IC-2ST IC-3STもチャレンジしたいと思います。
| Deer Hunter | 2017/04/29 6:31 PM |

Deer Hunter様

お役に立てて幸甚です。
古い記事で時代にそぐわなくなりました。
LED等超小型高輝度が出現取付が楽になりました。
IC-2ST等 キーボードに難がありますが、高性能電池換装等 まだまだ現役可能と思います。

余談ですが、お名前からロバートデニーロ、カバティーナのメロディ、ロシアンルーレットを思い浮かべました。
コメントありがとう御座いました。

              昔エレキ少年
| 昔エレキ少年 | 2017/04/30 8:23 AM |










http://musen8.musen8.com/trackback/1294098