SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 cw@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
<< スリーブアンテナ製作 1000円以内を目指して その1 | main | SATAを IDEのパソコンに換装 出来ない事はない >>
ACARS スリーブアンテナ 目標1000円 その2
ACARSアンテナを製作した理由ですが
この波は、長時間受信してディスプレーに飛行機の
航跡表示して楽しみます。
パソコン、受信機、アンテナが一体で専用になります。

ACARS波受信専用ですから広帯域の必要もありません
ゲインも対空ですから、空に向かって障害物がない位置に
取付できればよい、
1万円以上のアンテナを使うのはもったいない
ならば 作ってしまえ

安く、簡単に、間違いなく成功する構造である事
これだけ欲をかいて作るのですから
見てくれに文句を言ってはいけません。
逆に言うと、見栄えはコストに比例します。
完成品は1/2λ長のビニールパイプが立っているだけです

構造は、水道パイプの中に、アンテナ心線部が入ります。
ロスがあってはなりません。
絶縁物ですから、大丈夫なのは判ってるのですが
簡易な検査をしてみましょう
使用する付近の周波数を受信します。

SG(標準信号発生器)等 信号発生源をお持ちの方
少ないと思います。強力な安定している電波を
有効に利用しましょう。

自作アンテナの周波数 131.25Mhz
これに近いところで 常時強い電波を出しているのは
テレビ 4CH 175.75Mhz が良いでしょう。
その他 信号源として、ラジオ、テレビの電波は
強力で安定しており利用すると便利です。
勿論 目的周波数が一番良いのですが
不安定なため利用困難です。

また、430MHZでの感度点検には
正常状態のレピーター基地局信号強度を調べておくと
受信機、アンテナ、同軸ケーブルの点検に便利です。
何でも利用、応用するのがハムの智恵でございます。

アンテナを出し入れして信号強度を見ますが変化有りません
当たり前ですが
いい加減な検査ですが、精度を上げるのならば
アンテナのかわりに、細い針金を15cm位差し込み
sメーターが7くらい示すようになるまで針金をカットします
そして、出し入れして見るのも良いでしょう。

また、無線機に直接電波が飛び込みますので(筐体輻射)
メーターバーが見える部分をのぞき、アルミ箔でシールド
するのも、良いでしょう。
この方法は、フォックスハンティングの時応用すると良いでしょう

このヒシパイプのかわりに、金属パイプを使ったらどうなりますか?
実験してみてください。


2mでは 長すぎるので 1.5mの処で切断します。
先端 1cmはフタをします。
そこから1/4λの処今回は52cmの処にマジックで印を付けます

同軸ケーブルのシールドをカットした上にかぶせた状態
これでいいじゃ無いか! 
とお思いの方 SWRを計ってみてください。
何事も勉強です。答えは最後に出てきます。

同軸ケーブルの左側が1/4λ アンテナ心線部分です
右側 はがしたケーブルを重ねたもの この長さ1/4λ

先程の線を引いた部分に 3mmドリルで穴を開け
メッセンジャーの針金等をとおしてアンテナ基部に出します。

アース側は50cmもあっては作業の邪魔になりますので
適当に10cm位でカットします

(補足説明)
 1,左側アンテナ部分先端部、
 2,中央部同軸ケーブルをカットした直ぐ下側
 3,その位置から30cm位の処
 4,ヒシチューブの最下端付近に
   ビニールテープ等を直径約12mmになるまで
   巻き付けます
   この作業でアンテナエレメント及び同軸部分は
   ケース中央部分に固定されます。

大型のヒシパイプを用いた場合は、その内径寸法より
少し小さいくらいの太さまでビニールテープ等を巻いてください


メッセンジャーにアース部分結び 引き出します。
同軸ケーブルがすっぽりビニールパイプに納まりこのアース部分の
左側はアンテナエレメントとして動作します

スリーブ部分 1/4λより少し短い位でアルミ箔を巻いておきます。
この上から 更にアルミ箔を巻いて長さを整えますので、下に巻く
アルミ箔は短い程度にしておきます。
ここで注意する事は、シールドケーブルをしっかり引っ張っておく事
遊びを持たせない事です。

給電部付近です
アルミ箔の上に、シールド線をのせ 上から更にアルミ箔を巻きます。

左側が 上になる部分で1/4エレメント パイプの中に格納されてます。
右側がスリーブ部分  スリーブアンテナの出来上がりです。
孔を空けた部分から水が浸入しないように接着剤でふさぎます。

上部 先端部は、同軸ケーブルを剥がした切れっ端のビニールを
先端に詰め込み その上から、ホットボンド
スティックをライターで溶かして流し込んでかためました


給電部付近です。
アルミ箔が腐蝕しないように、ビニールテープで、アンテナ基部側から
上に向かって巻いていきます。 
上から下に巻かないように 鎧の原理です。

完成しました。
軽い短いアンテナですから仰々しい取付金具など不要でしょう
クレモナロープで固定しほどけないよう
その上からビニールテープで固定

私は、テレビアンテナ取付アングルに抱かせて斜めに取り付けました。
この波は偏波面は余り関係ないようですから

今回は受信専用アンテナですからSWRの調整等は省略しました。

送信用で使用する場合は、SWR調整欠かせません。
SWR調整は同軸ケーブル、スリーブの間隔です
SWRが1.5より高い場合
スリーブの間隔が短すぎるのです。
簡単な方法として 1/4λエレメントを給電部から1本添わせて
h型にします。
そのエレメンと、パイプ外側の距離でSWRを下げます。
塩ビパイプをもっと太いのにするのも良いでしょう。
1/4λシールド線を同軸ケーブルにかぶせた場合
同軸ケーブルのシールドと、このエレメントの間隔が
狭すぎて、インピーダンスが50Ωより小さくなります。
送信用アンテナの場合、パイプの太さも研究課題です。
カットアンドトライ 出たとこ勝負で
最良を選ぶのが自作の楽しみでございます。

このアンテナの利得(ゲイン)は 1/2λですから 
dBi で表すと 2.14dB  dBdでは 1dBd

何故 1本のアンテナに2つの数値が出てくるのか?
dB(decibel)デシベルは 対数比です。
詳しくは下記をクリックして下さい。
デシベルのお話し その2

通常 同程度の長さのアンテナで数値は余り変わりません

利得を上げるには、積み重ねることです。
倍の長さにするとそれだけ利得が上がります。
業務用アンテナの多段スタックはよく見かけます。

SWRを病的にこだわる方がいらっしゃいます。
SWRが1.5 とは 
送信電力の約96%が空中に放射されてます。
残り4%の為に、あれこれ努力するのは
時間の無駄で余り賢明では有りません。

また、SWRが高いと 高調波が発生しTVI がでる
これも迷信です。
直接 因果関係がありません。
しかしながら、電力とTVIは密接な関係があります。
初級アマチュア無線技士が20Wに制限されているのは
そんな危うさからでございます。
20W程度で発生するTVIを止めるのは簡単ですが、
500wで発生するTVIを止めるのは高度の知識が必要です。

1級アマチュア無線技士は、法規上送信出力制限はありません。
(現実には1kw以上は困難です)

最後は1アマ  団塊世代のお父様 
90%の固まりから脱出しましょう。

  無線ラボ では
電話でのお問い合せは作業の妨げになりますので
一切お受けしておりません。あしからず

メールでのお問い合せ 無視する事もございます。
    YOR(Your own risk)
 にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
↑ポチッとクリック御願いします

PCブログ
↑ポチッツとクリック御願いします

| アンテナ | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1293928