SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年  修理固成

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 
全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 cw@musen8.com 迄
メーカー対応可能なものはそちらへどうぞ。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。

修理受付保留中 
<< 無線機修理 TM−541修理不能 TC9174F やーぃ! | main | インターネットショッピングについて 思う事 >>
CF-R3軽量化 トランセンドSSD 炎上
 無線ラボのケーブル
お陰様で好評で御座います
中古ケーブル使用は、発売当初1件不良発生しました。
以後ケーブルテスター導入し 受け入れ、加工後
出荷前点検が効を奏し その後不良品は御座いません。

新品ケーブル使用では、当然ながら皆無で御座いました。
今回、お客様より不良との事で回収いたしましたが、
ケーブルテスターでの点検及び、曲げを加えても異常なし。

しかし、原因を追及しなければなりません。
あとは、実際に組み込んで点検するしか有りません。
しかし、現物のPCが無いのです。
現物PCの入荷まで 保留としました。

どうしたら認識されないか 逆転の発想で、
たとえばSSDを裏表逆刺し したらどうなるか?

こんな馬鹿なこと する方はいらっしゃらないでしょうが
でも これも未経験では心許ないです。
回路上では間違いなく、SSDが壊れます。
私も経験がありません。
今後の為に、知っておいて損はありません

愛機の CF-R3に内蔵している トランセンド SSDを 
逆に刺して電源を入れてみました。
思った通り、異臭発生 直ぐに電源を切りました。
SSD を元通りにして起動さすのですがダメです。
SSDがお釈迦になりました。 当然ですね。
 (強烈な後悔) 
早速 SSDを開腹します。


じっくり眺めてみますがこちら側に焦げた跡はありません



いやいや ありました。
フューズ素子が炎上しております。
ダメ元で ここを 細い線で接続して、面倒だからそのまま
CF−R3に接続します。

こんな感じです。 
起動さすと、何事もなかったように、動作してます。
フューズって 結構役に立つのですね

SSDのケースに組み込むのも面倒ですから
このまま基板を両面テープで固定、組み込んで完成
現在、無線ラボの Webカメラ用PCに使用しております。
SSDケースの重さぶんだけ 軽くなった CF−R3です。
| パソコン | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1293841