SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
<< DR-620 電源が入らない | main | CF-R3 SSD UBUNTU で使ってみる >>
パワーが出ない PAモジュールその1
大量生産、大量消費時代の到来と供に家電製品や、車両電装系が
モジュール化され品質向上に寄与してきました。
故障すれば、アッセンブリー交換でおしまい。
アッセンブリーが入手不能になれば修理不能になります。
今回の無線機もまさに、その状態です。
10年も使っているのですからやむを得ないと言えばそれまでですが
このモジュール一つ駄目になっただけでお払い箱とは残念です。
モジュールは、TR、L、C、Rで構成されてますが
TRが生きていれば何とかなるはずと、、、殻割りです
殻割りの発想はパソコン CPUクロックアップから。


目視で破壊箇所が判断できます。

半田付けして、出力点検、成功。
故障原因は熱暴走による回路破断と思われます。
この行為は禁断の果実。 不用意に真似をしないでください。
終段回路は電波の質に重大な影響を及ぼします。
スペアナや電測、3GHz程度の受信機等 
高調波観測できる環境と知識が必要と思います。
更にやっかいなのは、いや これが最も大事な事ですが
モジュール形成部材にベリリウムを含むものも有ります。
人体に有害な毒性を発します。
粉末や蒸気を体内に取り込むと健康が損なわれます。
手袋、マスク、防塵メガネ等十分な対策ができない場合
殻割作業は厳に控えるべきです。
自己責任とはいえ、健康を害しては意味がありません。
退く勇気も必要です。
 
| 無線修理技術 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://musen8.musen8.com/trackback/1145208