SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
受信機の話し その6 ACAS専用受信機 アイテック電子研究所製
ACAS受信にデコード率は悩ましい問題です。
受信音 ビョッツ とかジャーーーという あの音です
音がすれども画面に表示されない つまりデコードされない
強力な電波でも表示されない事が続くとイライラします。
原因は多岐にわたります。
1,パソコン
2、受信機、
3、ソフト
4、アンテナ
5,立地条件 ノイズ等々

パソコンとの相性は致命的です。
自作パソコン、或いはPCに詳しい方なら
音源ユニット交換で解決出来る場合も御座います。
ノートパソコンは あきらめるしかありません。
しかし、そのノートパソコンが悪いわけでも無く、
受信機を替える事で解決する事も御座います。

受信機は、ハンデイ機より、フィルター切替が出来る
固定機の方が有利です。
ハンデイ受信機のIFフィルターを広帯域にする事は
時代に逆行しております。
低周波増幅回路を広帯域にするも現実的に困難です。

そんな問題が解消されるようなキットが1990年頃 
アイテック電子研究所から販売されてました。
ACAS専用受信機キットです。

ACASを良く研究されていたのでしょう
低周波増幅後の出力だけでなく検波出力も取り出せます。
これをPCに接続すれば無線機低周波増幅段の相性問題は解決
消費電流も少ないので電池運用が出来ます。(16mA)

デコード率が高く、長い間愛用しておりました。
引っ越しと共にジャンク箱に納まってましたが
当地でACAS受信を試みハンデイ機、モービル機で満足いかず
再度登場した次第です。
数日間の使用ですが、最も良い結果です。
こんなに沢山表示されたので感激です。

12Vで使えるようにAVRを組み込みました

自作派が少なくなった今日 
この様な特殊なキットは、需要が無いでしょうが
ACAS専用 最良の設計でした。

ACASはVHF帯での運用が主でしたが
UHF帯1GHZ付近での運用が始まっております。
更に大量のデータが表示できるようです。
時代はめまぐるしく進歩しております。

| 航空無線 | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |