SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
旧スプリアス規格の無線設備への対応について

メーカーサポート終了の無線機の維持運用は困難を伴います。

数十年前と現状では電波の過密は比較になりません。

 

総務省は不必要な電波をできる限り低減させることによって

電波利用環境の維持、向上及び電波利用の推進を図るため、

平成17年 関係省令等を改正

平成19年に経過措置を10年間延長する等の改正を行いました。

その、延長期間が11月末には期限を迎えようとしております。

詳細は下記をクリック

旧スプリアス規格の無線設備への対応について

 

古い機種も対応すれば使える事は、ブログでも取り上げております。

新スプリアス基準 旧基準無線機 延命策

 

新スプリアス規格 古い無線機は?

 

延長手続きは容易でも1度切らしてしまうと、再開は困難を伴います。

早めの更新手続きをお薦め致します。

 

| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1.2GHzレピーター 「1W減力運用」 と 準天頂衛星

GPSシステム完全国産化は技術立国の願いです。

その先駆けが みちびきです。

誇らしくも有り、ハムには悩ましい問題発生。

それで無くとも、100MHzの帯域が40MHzに狭められ

次は、二次業務に格下げされました。

(二次業務とは、一次業務に妨害を与えない

 一次業務の混信妨害を容認する事を条件)

レピーター局マラソンの為停波要請を受ける

 

さて、みちびきと1.2GHzの関係は 下記をクリック

みちびきとの干渉試験

この例から、全国1.2GHzレピーター局には減力運用を

求められております。

 

平時よりレピーター局運用は資金、運営に

困難が伴い、多数の協力者の善意、努力で成り立ってます。

しかし団体構成員高齢化から、無線装置の子守も困難に

なりました。

これを機会に休止、廃局も時の流れと思います。

 

それでも維持運用しようとすれば

配線1本の簡単なものから入力低減回路、電圧制御回路

終段停止等高度な技術処理を必要なものも御座います。

また、スプリアス基準対応等煩雑な書類作業も発生します。

それでも、1.2GHzリピーター局運用の火 

灯し続けていただきたいもので御座います

 

 

 

 

 

 

 

 

| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アンリツ MG645B1 標準信号発生器 初心者にお勧め!

アマチュア無線家の3種の神器といえば

テスターGDMSWR計 でしょうか?

修理を始めようとすれば

標準信号発生器(SG)、周波数カウンターオシロスコープがそれです。

いずれも高価で素人無銭家には敷居が高いのです。

素人無線家が無線機を扱う感覚で使うとあっという間に壊れます。

例えば、無線機の受信感度点検中に、マイクを握る等

当方も、駆け出しの頃(今でも皆無とは言いません)よくやりました。

その対策に高周波フューズ、アッテネーターで危険分散しておりました。

考える事はどなたも同じで、SGやカウンターにRF-FUSE内蔵の

計測器が出現しました。(昭和末期から平成初期)

 

MG645B1 (50KHz-1050MHz)

秀逸なのは周波数カウンター迄装備したのです。

とりあえずこれだけあれば修理はこなせます。

(欲を言えば100M程度のオシロスコープが欲しい)

 

SG故障のほとんどが過大入力です。

1/8W終端抵抗に、無線機のパワーを送り出したら焼けるのが

当たり前です。

この故障、焼けた抵抗を交換するだけでは駄目です。

校正、出力規正ですが、この料金が極めて高額です。

本機には高周波フューズが内蔵されてますのでこの種故障は皆無。

N型ジャックを分解すると

50Ωに設計されたフューズボックスの中に 

MP613A (高周波フューズ)が収納されてます。

間違って送信しても終端抵抗が焼ける遙か前にこのフューズが

解けて安全が保たれます。フューズ¥1600-?

このフューズ 周波数特性が1GHz位ですから、

3GHz 周波数カウンターには比採用です。(MF1603,04等)

(余談ですがHPから市販フューズ使用可能のホルダーが

 有りましたがF特性はHFでした)

 

周波数計測モード

左上 カウンター端子に数センチの針金をつけて

ハンデイ機の電波を拾っている様子

周波数計測は、30Hz-900MHz迄

 

本機は多機能、高性能 ご予算少々の無線家には最適のSGです。

1200MHzが発生しない、計測出来ない では ただのハム。

本機を基盤に、ダブラーや、プリスケーラ-を自作して守備範囲を

広げるのもアマチュア無線家の醍醐味だと思います。

無線機、計測器の自作は困難でもこの程度のものなら、このSGが

有れば作る事は可能です。

 

ヤフオクで時々本機を見かけます。

アッテネーター系の故障は少ないでしょうからはずれを引く事は

少ないと思います。

高性能が故 本機は説明書無しで使いこなせなすのは困難です。

例えば アッテネーターの使い方

取説無しでは、ATTの読み取り ちんぷんかんぷんでは?

 

本機はご予算少々 優れものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1200MHz 中継装置に想う事。

かって1200MHz帯は、ハムに100MHz付与されてました。

半世紀近く前、40MHz削減され、危機感を覚えたOTが

メーカー製無線機の無い頃、自作無線機で運用しました。

当時、1200MHzは未知のバンド、せいぜい数キロしか

交信出来無かったのですが、レピーター開局と共に

交信範囲が広がり、運用者も多くなりました。

ひとまず、1200MHzバンドが安泰でしたが

近年、同バンドで運用する局が激減し

とうとう1200MHz帯の2次業務に成り下がりました

尖閣と同じ、隙を見せるとこうなるのは自明の理。

周波数は貴重な国家財産です。

使わないのは必要な業務に付与するのは止むをえません。

他力本願で既得権益を守る事が出来ません。

今、1200MHzはレピーター局が主体です。

市販中継装置の修理は終了し1200MHz帯は

風前の灯火です。

 

次回より1200MHz中継装置再生への道が始まります

| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MMA IC-AH4用アダプター 今だ需要有り

IC-AH4は、アイコム専用自動アンテナシステムです。

IC-AH4等、アンテナの詳細は下記をクリック

数式無しのアンテナ理論

 

MMA は船舶関係者から他社製無線機で使用出来る様に

依頼を受けて作ったのが始まりです。

単純な回路で商品化するのも恥ずかしかったのですが

ご多忙のOM、OT様に愛されました。

 

手違いからウエッブショップを削除しネット販売が

出来ない状態で御座います。

にもかかわらず直接問い合わせ頂き有り難う御座います。

 

在庫が無くなると製作しますが時に応じて

最新デバイスを採用してます。

MMAアンテナコントローラー更に改造

部品変更すると良い事ばかりでは有りません。

新採用の部品に不都合を生じる事もあります。

こんな単純な製品でも、動作試験は欠かせません。

慎重に作るのですが完成検査でエラーが出る事も御座います。

手直しをしていて失敗に気付く有様ですが喜ぶべきです。

手元にあるうちはあらゆる対策が可能です。

 

そして今回のはこれ

照光式プッシュスイッチにして LEDを省略しました。

以前もこの形式のものがありましたが部品入手困難と

送料軽減の観点から薄型スイッチにしました。

 

IC−AH3発売時期には、他社同様製品がありませんでした。

それゆえ MMAの需要が多かったのです。

昨今、多くのメーカーが同様製品を発売してますが

何故かまだMMAの需要が御座います。

ケンウッド、ヤエス無線機をお使いの方で IC−AH4を

使用なさるのでしょうね。

注文時に機種名をご連絡頂ければ配線方法を記載した説明書を

添付致します。

 

MMA(アイコムAH3、AH4用コントローラー) ¥5510−(送料共)

 

 

 

| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1.2G 船舶設置アンテナ故障 

現在出張工事は承っておりません。

旧知の船が当地入港しての依頼ですから無視できません。

1200MHz無線機送受信不能でしたが無線機は異常なし。

同軸ケーブル両端 N型コネクター取付やり直し、

ケーブル先端にダミーを取付ケーブルのSWR点検 OK

アンテナ不良と判断し、新規アンテナ設置し問題解決。

 

ですが、、、、、、アンテナが悪いのならどこが悪いのか?

レッコするのも釈然としないので持ち帰って調べてみました。

金属部分の直近グラスファイバーを切断します。

グラスファイバー筒を引き抜いていくのですが

エレメント断線はありません。

コンデンサ半田付けを注視します。

半田付けにクラックがある様です。

ピンセットでつまむとこの通り

原因はこれです。

 

船舶はピッチング、ローリング、ヨーイングだけで無く

エンジン振動や寒冷、酷暑等外的要因が陸上固定設置と比較に

ならない過酷です。

表面塗装も剥げ落ち、繊維のとげとげが見受けられる状態。

よくぞ風雪に耐えたと労をねぎらうのですが廃棄するのは無情です。

再利用を試みます。

 

壊れてしまったもの、壊してしまったもの 

そのまま不問に付すこと無く原因究明は知識の肥やしになると思います。

何故を忘れたくないものです。

コピペ、パクリ国家には、育たない作業でしょう。

 

| アマチュア無線 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アマチュア無線機 スプリアス対策 JARD
無線局スプリアス基準の見直しから暫く立ちましたが
当方では修理完了機はスプリアス計測 適合する事を
確認して出荷しております。
とはいえ、スペアナ、周測、微少電力計程度の計測器を
その都度構成しますので快刀乱麻というわけにいきません。

古い無線機が生まれた頃は Bluetooth   Wi-Fi   特小  等
ありませんでした。
今、自宅周辺には上記無線機類がひしめいております。
自局の発射する電波がそれらに妨害を与えてはなりません。
古くなれば調整も必要でしょう、
しかし、古いからといってお払い箱ヲしなくても
スプリアス基準に合致すれば使えます。
とは言えスプリアス計測は高度な計測器とノウハウが
必要ですから、無銭家には頭痛の種です。

JARDでこんな事を実施しております。
スプリアス実態調査 
当該無線機所有の方、利用なさっては如何ですか?


 
| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
att と 狐狩り
今日はアッテネーターのお話です。

写真は HP製 70dB アッテネーター
ロータリースイッチで0から70dB迄10db毎に切り替えます。
アッテネーターは用途により大電力系と小信号系があります。

大電力系 
当方は100W30dB ATTをアンリツ電力計に接続しております。
(正確にはさらに1w10dBを直列接続)
電力計は許容最大入力0.2w 
それ以上の電力はアッテネーターで減衰させないと壊れます。

小信号系、
本機がそれですが、注意事項はハンデイ機といえども
送信出力を加えない事です。
一瞬でハンデイ機より高額の修理代が発生します。
ハムが計測器を扱う上で最も注意する事が過大入力です
トランシーバーで受信調整しているはずが
PTTを押すと送信してしまいます。

ハンデイ無線機に接続します。
10dBで 1/10 
70dBで 1/10000000ですから、一昔前の無線機では
70dBも絞り込むと筐体へ直接到来する電波で
使い物にならなかったのです
改めて最近の無線機 完成度の高さを再認識しました。

OM、OT諸兄殿はアッテネーター自作経験がお有りだと思います
Foxハンティングには、八木アンテナとアッテネーターが
欠かせませんが計算通りに減衰しないアッテネーター
あれこれノウハウがあるのですが、無線機や我が身までを
計測器代わりにして常勝を誇るOMもいらっしゃいました。
兵隊と飯の数では有りませんが、場数、経験がものを言う
地形、山岳反射、ビル反射や地図解析技術等 
トップになるにはいろんな事をなさったようです。
昨今、クラブ活動も、Foxハンティングも少なくなりました。
アッテネーターに親しむ事も少ないようです。
 
| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
TDS3K アップデート
旧知の読者様より、FDDが送られて来ました。
真にありがとう御座います。
4枚のFDを書き込むだけですから購入するのに躊躇して
おりましたので大変有り難く存じます。

早速フォーマット10枚のFDの中で1枚書き込み不能がありました
原因はシャッター開閉に不備があります。

4枚のFDをTDS3Kに順次読み込ませるのですが
ここでも1枚のFDが読み込み不能。
別のFDに書き込んで成功。
何分古いFDなので、こんな事も有るのでしょう。

アップデートしなければこのモジュールが認識不能です。

成功すると自動的に再起動して完了です。
これでFFT機能が使えるようになりました。
古い機材のアップデートには当時の機材が必要です。
久しぶりに FDの扱い方を再認識しました。

H OT VY TKS
| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パクリ無線機とアマチュア無線
コピー商品といえばロレックス、オメガ等の高級時計
或いはルイヴィトンのバックが相場でした。
数十年前 香港男人街で見かけ バケツから取り出す
銘柄の多さにげんなりしました。
装うと誇らしい気分より惨めさを味わうと思うのですが
パクリ無線機と違い他人に迷惑をかけないでしょう。
(交信時パクリ無線機と聞かされ不快に感じる等)

ネット通販で明らかにVX-3パチモンと思われる
UV-3Rを見かけました。
正規品の半額どころか8割引で買えるような価格です。
アマチュア無線家としての功罪はネットで語り尽くされてます
一言で言うと盗人に追銭
新幹線を日中友好の柱とごり押しした元国交相 
国賊といわれても仕方ないですが
パクリ無線機所持者は同じ穴の狢に写ります。

物作りの視点で語りたいと存じます。
数年前 有る品を発売する折 価格設定に悩みました。
材料費に毛の生えた程度 とする私案
研究開発費+適正利潤+アフターケアを加算した案に
落ち着いたのは某教授様御指導の賜物です。
その商品が 06CFR3
SSDが2万円位の頃 壊した数は片手で足りません。
(研究開発費に含みました)
一方簡単な作業ですから腕に覚えの有る方は
上記説明を見れば買わないですむはずです。
文面では自己責任を謳いましたが相談を受けた
場合は最期まで対処させて頂きました。
適正な利潤を頂いているから きめ細かい対応が出来る 
今となれば当然ですが職人の知恵では浮かびませんでした。
お陰様で多くの皆様から愛され物作りの喜びを味合わせて
いただきました。教授様改めて感謝申し上げます。
単純な製品でさえ開発、製造、販売後を考慮し価格設定します。
ものが生み出されるには有形無形のコストを生じます。
パクリはそれら全て盗んでますから ただ。
今、我が国の新幹線輸出が苦戦してます。
パクリ新幹線相手では値段競争に勝ち目はありません。

日本人の誇り、アマチュア無線家精神とは何でしょうか?
技術は模倣からはじまり工夫が加わり良いものが生まれます。
物作りをしなくなったハム、産みの苦しみを知らないハム。
安さにかまけてパクリ品を求めるのは泥棒の荷担です。
支那害はPM2.5だけで十分です。これを容認すると次はHFです。
100万円のHF機が10万で販売されるようになると
その先はいわずもがな 良貨が駆逐されます。 
行き着く先は 鬼城

パクリ自動車 パクリ携帯を追い出した日本人
パクリ無線機の侵入を防ぐのは健全なアマチュア無線家です。
如何に安くともパクリ商品を許さないのがハム精神と思います。

それにしても不思議なのは某社の対応 
されるがままで良いのですか?
販売刺し止め、輸入禁止等の申し入れを何故しないのでしょうか?
その行為が徒労になろうとも意思表示が必要と存じます。
と言いつつ 業界団体は手を拱いていいのか?
JAIA  加盟していないのでは救い様が無い。
戦いは弱いところを撃破して本丸を落とします。
孤軍奮闘 頑張れ!
我々に出来ることは、まがいものを日本市場から追放すること
その手段は買わないのが市場経済への答えと存じます。
 
| アマチュア無線 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |