SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
315MHz特定小電力局 イモビライザー

イモビライザーが出現したのは二昔前です。

高級車に乗る事も無く、縁遠い話でした。

昨今、廉価の車にまで搭載されるようになり

その便利さに、舌を巻いております。

スマートエントリー

その仕組みに興味津々。

無線で作動するのですから 音波? 電波?インフラレッド?

この小さな筐体の中に何が隠れているのでしょう。

電波なら、スペアナで確認出来ます。

早速取りかかります。

電波を捉えました。微弱無線局でした。

 

電波法によると

 315MHz帯特定小電力局(抜粋) 
●指定周波数帯
中心周波数 313.625MHz

帯域      312MHzを超え 315.25MHz以下
●用途 

小電力業務用(テレメーター、テレコントロールおよびデータ伝送)
● 空中線電力 (アンテナから出る電波の強さ)
中心周波数 等価等方輻射電力
312.00〜315.05MHz 0.25mW以下(250μw)
315.05〜315.25MHz 0.025mW(25μW)

 

広帯域受信機で確認します。

トーンが聞こえます。

この受信機は5kHzステップなのでゼロイン出来ませんが、

AM、FMで変調音が確認出来ます。

3m位離れると聞こえなくなります。

 

施錠、解錠等詳しいシステムは下記のリンクからどうぞ。

MONOist 今更聞けない

 

315MHz帯到底小電力局は、アマチュア無線家にも利用価値の高い

機器が各種廉価で販売されております。

ユニット片手に、想像するのも楽しいもので御座います。

aitendo

| 電気いじり あれこれ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
走行中 DVD 映像表示 

JUGEMテーマ:車/バイク

DVDチューナー、走行中映像表示不能 

特段不便に感じていなかったのですが 

たまに乗るちびっ子が 何故何故攻撃。

無視していたのですが乗る度にうるさいので仕方有りません。

試行錯誤してみましょう。

 

テスターを持って車内に

動作原理を推測するとパーキングブレーキON OFFで

ディスプレー表示制御している様です。

DVDの信号線を見つけ、信号を強制固定すれば良いのでは?

DVD後部検証の為DVD機器を取り出します。

パーキングブレーキ オンオフを繰り返しながら配線の

電圧変化を見ます。

ビンゴ! この線 DVD表示不能を5Vで制御してます。

この線を断線するとパーキングブレーキの位置にかかわらず

表示したまま。

端的な話 これだけで良いのですが、動作不安定を嫌い

もう少し手間を掛けます。

配線材(20cm位)の片方にアース端子を取付 DVDからの配線に

半田付け DVD端子を0電位にする訳です。

アース端子をDVD固定金具に抱かせます。

ボデイ側は絶縁処理して固定します。

もとどおり組み立てて完成。

使用部品

アース端子を取りつけた20cm程度の配線材のみ。

 

この作業、信号検出は通電状態で行います。危険です。

最近の車両は様々な電子機器を搭載してます。

作業不手際で高価な電子機器、安全装置、車両等に破壊等

損傷若しくは車両装置の動作不能等を生じる事も有ります。

成功すれば自己満足ですが、失敗を考えると 触らぬ神に祟りなし

専門業者にお願いするのが賢明な選択と思います。

YOR YOR

 

 

 

 

 

 

| 電気いじり あれこれ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
DVAM その2 段々良くなる法華の太鼓
DVAM(Digital Volt Ampre Meter)
いざ使ってみると使い勝手が悪い。
机上の空論 現実の違いです。
入出力が対抗し配線引き回しがじゃまです。
又、電圧計が付いているのですから単機能は勿体ない
そんな事からカイゼンです。

これで左側がすっきりしました。
右上が出力端子、下は入力ケーブル。
左上に外部電圧測定端子を設けました
下のスイッチで内部電圧と外部入力を切り替えます。

内部はこんな感じ

1.9MHz 100W 14.7A  電圧が12.7Vにドロップしてます。
電圧が下がれば出力も下がります。
配線は太く短く巻かい事がドロップ回避策です。


8Vラインの電圧計測。
眼力が弱ってくると頻繁な視線移動はピント同調まで
時間が掛かります。これで楽になりました。
段々良く鳴る法華の太鼓
包丁 鋸は言うに及ばず電鍵も自分の手足と同じ
半自動電鍵の重りに5円玉をはり付けた方や
つまみ部分に紙やすりをはり付けた方等々
自分の道具を他人に貸さないのはけちではありません。
研ぎ澄まされた道具 壊されるのが怖いのです。
 
| 電気いじり あれこれ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
50A/100V デジタル電圧電流計(DVAM) その1 
100Wトランシーバーの電力計測には20A程度の
電流計測も必要です。
安定化電源を見るのですが視線移動が煩わしいのです。
電力計横にテスターを配置し視線移動を避けているのですが
その都度設定するのも面倒です。
更にテスターレンジは12Aですから心許ない。
良い方法が無かろうかと探していて見付けたのがこれ

50A/100V デジタル電圧電流計 赤緑
なかなかの優れものです。味噌はシャント抵抗です。
大容量を正確に表示さすにはシャント抵抗の規正も必要です。
安価な製品ですが細かい作業が見て取れます。
メイドインチャイナ 侮れません。
これを使って ささっと作ったのがこれ

赤黒線先端にバナナプラグを付け安定化電源端子に接続
反対側はターミナル 負荷を接続します。
4v〜30v ならそのまま使えます。
それ以上で使用する場合メーター電源は30v以下にする必要があります

HFトランシーバーに接続 受信状態、

写真下の部分がシャント抵抗です。
ケースに収める為に絶縁部をカットしました。
自作派にこんな計器があればべんりでは
と思い御紹介致しました。
 
| 電気いじり あれこれ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バッテリー上がり 安定化電源で対処
雪国でのバッテリー上がりは死活問題です。
昨年は不幸な事故もございました。
蓄電池とタイヤ管理は他人任せには出来ません。
ある朝、エンジンが掛からない 初めてのバッテリー上がり 
蓄電池は冬を前に交換して間もないのです。

原因 思い当たるところ有り(反省モード)
バックカメラに積雪対策をしたおり、キーをさしっぱなしで
放置しておりました。とほほ
JAF、ご近所にもご迷惑をお掛けするのも憚ります。
考えた結論がこれ

安定化電源からバッテリーを充電する事にしました。
15v 7Aに設定 AVRの電圧表示は当初14v弱
充電が増すと電圧が上がってきます。
10分経過後、配線を外します。
(接続したままセルを回すとAVRを壊します)
1発で起動しました。

緊急時こんな方法もあるという荒技で御座います
安定化電源で直接セルを起動させてはなりません。
大容量安定化電源でも壊れる事もあります
15-16v 位に設定して数Aで数十分充電すると
セルモーター起動出来る位には回復します。


どんなに完璧を求めても再発防止は不可能です。
米軍ヘリ事故
マスゴミはこぞって米軍叩きです。
311であれだけお世話になったのに
恩を仇で返すのは、日本人にふさわしくない。
まずはパイロットを賞賛すべきでは?
自衛隊パイロット殉職


JUGEMテーマ:車/バイク
| 電気いじり あれこれ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リアプロジェクションテレビ ランプ交換

我が家の リアジエクションテレビ ランプ交換です。
居間には大画面が良いという昔美少女の希望から
プラズマ、リアプロジェクション、液晶方式から
50インチ リアプロジェクションを選びました。
画面のきれいさ、即応性等が好みに合いました。

熾烈を極めるディスプレー技術革新のテレビ業界
真っ先に脱落したのがリアプロジェクション方式
そして、昨年にはプラズマも終焉
液晶がこんなに安くなると他の方式は出る幕が御座いません。

リアプロジェクション方式は、原理は幻灯と同じですから
時間が経つとランプが切れます。本機の場合約8000時間
3年以上経過したころ 交換のメッセージが出る様になりました。
地元店に在庫確認すると1週間程度の納期
ネット検索すると即日発送なので早速注文

翌々日 到着
純正品は2万円程度、互換品は13000円弱

新しいランプに交換
この作業、どなたでも簡単にできます。
取扱説明書を良く理解して その通りにすれば数分で終了

気がつかなかったのですが、画面が暗くなっていたのでしょう。
交換後 画面の鮮やかさにランプのコスト以上の満足を覚えました。
次の交換は多分3年後 やはり今日の様な感動を覚えるのでしょう
省エネの昨今 見直しても良い方式 
いや 超高輝度LED出現で再認識されるかもしれません

しかし 日本の居住空間 数センチの液晶テレビが幅を利かせる
昨今、リアプロはおでぶさんだから国内での需要は見込めない
実際、この方式 欧米で絶賛だったのです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
↑ポチッとクリック御願いします

PCブログ
↑ポチッツとクリック御願いします


アマチュア無線 ブログランキングへ
| 電気いじり あれこれ | 07:02 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
地震 台風 非常時 危機管理 AC電源確保には
戦後余りに平和すぎ、自然災害も少なく
危機管理は、人ごとのように思ってました。
大震災、台風等自然災害が多発しその必要を感じる次第です。。

衣食住が確保され 次に必要なのは、商用電源では無いでしょうか
避難所等で100Vが確保されても、自由にならないのはやむを得ません。
そんな時、自営100V電源があれば理想です。

発電機は、市販品が各種御座います

ガスボンベを燃料とするもの   エネポ
ガソリン燃料では         EX6

確かにあれば便利ですが
年に1-2度キャンプで使用するのが関の山。
10万近い出費は覚悟が要ります。

発想の転換でこんなものを愛車のトランクに常備しておけばどうでしょうか

カーバッテリーで家電製品が使える


12V/24V両用のハイパワー(連続500W)タイプ
【定価】 ¥49,800(税抜)
【仕様】
・入力電圧 : DC12V / 24V
・出力電圧 : AC100V
・出力電力 : 500W(連続) / 700W(最大)
・出力変動率 : 10%
・出力周波数 : 50/60Hz
・出力波形 : 矩形波
・変換効率 : 90%
・外形寸法 : 194×82×245mm

もう少し小型のものとしては

 IV-300   240wタイプ   定価 ¥18800−

仕様
 入力 直流 DC12V(12-14v)
 出力 電圧 AC100V High LOW 着替えスイッチ付き
 出力 電力 連続 240w 最大300w
 波形    矩形波 55Hz
 回路方式  LCトランジスタ駆動、他励式インバーター
 保護回路  4重安全保護、警報ランプ、警報ブザー
 外形寸法  幅180*奥187*高さ120mm(突起物含まず)

300w型でも、12V側は、30A弱の電流が流れます。
シュガープラグから給電してはいけません。

余談ですが、ハイパワー(50w)モービル機を
シュガープラグから供給して、出力不足は当然で御座います。

DC-ACインバーターはバッテリーから直接給電できるように
ケーブルが付属しております。

上記製品なら、3万円以下で入手出来ますから
もしもの時 だけで無く 車の中で100Vが使用出来るのは便利です。
トランクの片隅に、ビニール袋に防水処理をして常備しておいては
如何でしょうか?

無線ラボでも扱っております。
RC016  500wタイプ ¥22000−

IV-300  240wタイプ  ¥4900−

| 電気いじり あれこれ | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ランタンの 光量アップ パワーLED取付
 エコブームの昨今 白熱電球のLED化が大手家電メーカーの
音頭取りで、LEDは一大ブームを巻き起こしております。

行楽のシーズン、当地では7,8月がキャンプ等の季節です。
キャンプには、ランタンが必要です。

使用中のランタン、ご多分に漏れずLED仕様です。
処が、光量が不足 いかにも頼りないのです、

そんなおり こんな記事を見つけました
放熱基板付 パワーLED

このランタンのLEDを こいつに交換したらどうだろうか

右が 本来のLED 4.8〜6V 仕様です。
左は、放熱板付LED 3.3〜4.4v仕様

このランタンは、焦点可変の為 LED部がスライドします。
電源を切った状態でこの穴より小さい寸法にする必要があります
その為、 放熱板を 寸法に合わせてカットします

カットして足らなくなった放熱部は、下の金属部に熱伝導
するように、細工します。
本来、単3電池 4本使用ですが、これでは大電流の為
熱で破損します。その為 電池3本にして、1本分は
ダミー電池にしました。

この光量  これなら大満足です。
ご家庭の 懐中電灯も こんな改造 如何ですか?
| 電気いじり あれこれ | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シャック エコ化 第3弾 ディスプレー PC等
 液晶ディスプレー
ACアダプターの出力側ケーブルを根本から切断し13.8V電源に直結
問題なく動作することを確認。

eePC-901を 接続する前にDCでの動作状態を点検

低い方から点検すると、10.99vでは 電源入らず
11.00〜12.99V迄 正常に作動
13.00vでは、電源が切れる 若しくは、電源が入らない
厳密に電圧が管理されているようです。
1.5v程度のドロップ電圧のために、AVRを作るのも面倒
ここは、3A程度のダイオード 3本つなぎで誤魔化すことに、、、、

これで、随分 ACソケットがすっきりするようになりました。

 にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ 
宜しかったら 上をポチッつとクリックお願いします。
| 電気いじり あれこれ | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フォトカップラーをつかってみました PC817C
最近は、メカニカルリレーの入手も困難になってきました。
又、価格も種類が少なくなると高くなるのも致し方がありません。
アイコムオートチューナー用コントローラーにも小型リレーを使用しております
手持ちのリレーが底をついてきたので検討していたらこの様な部品を見つけました。

フォトカップラーです。これをリレーの替わりに使用しました。

コントローラーにのっかっている右側が従来使用しているリレーです。
このリレーも、相当小さいものです。それに比べても左側の黒いフォトカップラーの小ささが判ります。

今回は、1回路しか使いませんのでこの4ピンパッケージのもので十分なのですが
もっとチャンネル数が必要な場合は4chのものもあります
5年位前に8台の無線機を1本のマイクで使用する切替機を受注した折、そのパッケージを数個
使用して製作しました。
その後、クレームがないので今もしっかり仕事をしているのでしょう。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
ポチッとお願いします




| 電気いじり あれこれ | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |