SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

昔エレキ少年 ランチエージング

ランチエージングとは耐用年数を過ぎた無線機に
延命処置を施す作業です。
ラジオ(無線)のアンチエージング(延命処置)です。

初級アマチュア無線家の皆様へ
創造の喜びを伝えたく培った修理術を披露します。
物作りの世界 発展を願っております 
修理固成(つくりかためなせ)
YOR(your own risk)真似応用大歓迎 全てあなたの自己責任。
(個別質問は承っておりません。ネットに答が潜んでます)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
修理 ランチエージングの問い合わせは
 abc8@musen8.com 迄
メーカー処理出来る事はメーカーに相談してください。
氏素性不明の問い合わせは無視致します。
現在 修理受付保留中
ファイナルモジュール 希望の灯

前々回の記事をご覧になったOM局よりご指摘給わりました。

嬉しい!!! ネット時代のお陰で御座います。ありがとう御座います。

情報を分かち合う観点から、ご了承頂き公開致します。

以下、引用文 主要部のみ抜粋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

半導体について

https://jp.utsource.net/cat/100000010002

中華製なので、どうかと思いましたが、問題ありませんでした。

 

リレー類 DS1EMDC12V等は
http://www.zaikostore.com/zaikostore/

 

菱形のコネクターは
http://yutokudenshi.com/

 

ハンディー機などに使われているフラットケーブルは
http://www.aitendo.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

有益な情報 真にありがとう御座います。

当方のみならず、多くの皆様がお喜びになるはず

ありがとう御座います。

 

当方 上記半導体窓口は承知しておりましたが

埋没新幹線段ボール肉饅支那毒ウナギ 

のみならず 文化大革命 長野五輪以来支那アレルギーでした。

(台湾は大好きです。頑張れ 台湾正名運動

 

ダメ元、試す事もしないで却下とは心が狭かったですね。

修理固成  自分に再教育が必要と感じた次第で御座います。

読者の皆様、

これからも御指導御鞭撻の程 お願い申し上げます。

 

お約束 

YORで御座います。

 

 

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
IC-207 電源入らず 遂に修理不能か?

IC-207 電源入らない という故障。

以前、こんな事をしました。

IC-207 誤動作、送受不安定

部品交換で一件落着です。

フロントパネルがあったから良かったのです。

 

部品入手不能ではどんな処置をしたか?

修理不能では芸がなさ過ぎます。

2015.5.13 電源入らず

一件落着したのですが、取り外し可能の機能を殺してます。

お客さま使用用途では全く問題無いのですが

細かい事が、気になっておりました。

 

もっとスマートな手筈が無いか?

スマートで目先が利いて几帳面 負けじ魂 これぞ船乗り

こんな言葉を思い出しました。

 

さて、今回はどうでしょうか?

悪い予感、的中です、 前面パネル 在庫枯渇 

材質に弾性が無くなり破損。これではビスが効きません。

破壊部分を修復すれば良いのですが、

今回思いついたのは、新素材 プラリペア、を採用する事

ヒシチューブで成型した上 新素材で形成する策です。

細い穴にプラリペア粉末を注ぎます。

凝固液を垂らして成型完了。

 

無線機(道具)の経年劣化は避けられません。

一方 次々に新素材、新技術が出現してます。

これらを利用すれば再生可能になる事も有ります。

希な望みを持つ事も楽しい事で御座います。

 

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
枯れた術? 殻割り

遠方から無線機受領。

何とかなりませんか との事。

受領時点検、パワーモジュール不良と判断。

当方手持ち有りません。

巷でも数年前より入手困難です。

結果を伝え現行機種をお薦めしたのですが作業続行。

 

余談ですが、10年使った冷蔵庫 扉開閉困難になりました。

原因は、軸受け部分破損、部品成型して自前修理完了。

ところが、敵は新機種購入 トホホ

家電製品の10年は、目覚ましいものがあります。

敵は出費以上に満足を得たようです。めでたしめでたし

(なら、修理なんかさすなよ!修理屋の悲哀)

 

本来に戻って 切羽詰まりました

どうにもこうにもならないのです。

過去例を見てみましょう。

パワーが出ない PAモジュールその1

ファイナルモジュール再生 殻割りその2

本ブログ内、殻割り で検索すれば上記だけで無く

多くの事例が御座います。

この作業、薦めるものではありません

修理は経験則。多くの事例を知る事が次の肥やしです。

(殻割りの危険性を熟知の上、YOR YOR

  ベリリウム中毒の危険が孕んでおります)

 

今回は SC-1091  互換はS-AV17、M67746

ネット検索、ヒットしません。

市場から完全に無くなったのでしょうか?

殻割りした処

該当部分拡大  

更に拡大、電源系破断

写真では確認出来ませんが、セラミックに亀裂を生じてます。

 

この作業、強制換気、防塵マスク等 防護対策は必須です。

今回は日の目を見ました。

アンテナ、ケーブル等 出力部分 気配りが為されていれば

壊れない部分、大事に使って頂きたいと存じます。

 

 

 

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
旧スプリアス規格の無線設備への対応について

メーカーサポート終了の無線機の維持運用は困難を伴います。

数十年前と現状では電波の過密は比較になりません。

 

総務省は不必要な電波をできる限り低減させることによって

電波利用環境の維持、向上及び電波利用の推進を図るため、

平成17年 関係省令等を改正

平成19年に経過措置を10年間延長する等の改正を行いました。

その、延長期間が11月末には期限を迎えようとしております。

詳細は下記をクリック

旧スプリアス規格の無線設備への対応について

 

古い機種も対応すれば使える事は、ブログでも取り上げております。

新スプリアス基準 旧基準無線機 延命策

 

新スプリアス規格 古い無線機は?

 

延長手続きは容易でも1度切らしてしまうと、再開は困難を伴います。

早めの更新手続きをお薦め致します。

 

| アマチュア無線 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JRC JST-10A ランチエージング

戦前からの通信機メーカー日本無線が昭和61年に発売した名機。

7MHz、21MHz、CW、SSB 10W (別売ニッカド電池使用時)

国内ではCWerに、海外ではSSBで使う方が多かった様です。

ユーチューブ、JST-10Aで検索すると動作中のものが見られます

このデザイン、無骨ですね、ハム業界では考えられません。

官公庁、船舶、マスゴミ用途にJRCが世に出したものです。 

災害現場で似たような機種にお目にかかった事があります。

 

動作確認、良好な保管状況から概ね スペック通り

30年の時を経てもJRCの信頼は揺らぎません。

ビンテージ機は動作していれば触らぬ神に祟りなし とはいえ

更に 数十年現役の願いを込めて延命処置を施します。

電池ボックス、遮蔽金属板を外したところ、

乾電池使用のトランシーバーは電極板、スプリング腐食が普通ですが

本機はぴかぴか こんな処からも未使用と思った次第です。

単2乾電池では、内部抵抗が高い為 10Wは出ません。

可搬状態で10Wにはニッカド電池、リチウム電池使用が必須です。

 

上は受信基板、

受信基板の電解コンデンサ お漏らし数カ所 アルコール洗浄

送信基板、電解コンデンサ 

表示部にはチューブラ

チューブラが無いので通常のものを取付

基板は、制御部、送信基板、受信基板の3層構造

 

送受信点検

7MHz  10W以上

21MHz 10W以上 電源は13.8V安定化電源から

 

この無線機に今後数十年の想いを込めた意味。

時を経た無線機、バリコンやバリLが機械的に修復困難です。

本機の周波数可変は VXO 仕様です。

単純な機構ですから故障も少ないでしょう。

問題は30年後、この無線機を使いこなせる若者がいるか?

本機のデジタル表示は目安です。

実にアナログ的です。

キャリアポイント表示ですから両モードで3KHz幅です。

(昭和ハムには当然でも現行高性能無線機になれた

 現代人にはこの意味理解出来るか?)

本機は故障品と写るやも。

取扱説明書には回路図、分解図等も記載されてます。

現行無線機は、ライフサイクル20年は疑わしいですが

本機は、極めて基本的な回路設計、基盤構築ですから

多少知識があれば、ご自身で修理も可能です。

そんな意味でも、得がたい名機だと思います。

 

 

| ランチエージング | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
RP70F 受信不安定 その2 デュプレクサーが悪さ

点検、調整にて、送信出力、受信感度とも規格内に及ばず。

送受信ともですから DUP が疑わしい。

数十年の時は金属塊といえども経年変化でガタが来てます。

少しずつ悪くなるのですから、使用者には気がつきにくい症状です。

だがこの調整はへっぽこ修理屋の範疇を超えてます。

一番触りたくない部分、それでは解決しないので茨の道に突き進みます

 

DUP調整

数十年前の思い出です。

当時メーカー製は430MHz機迄、

1.2Gは自作するしか無かった時代の話です。

BPFを銅板加工で手がけた事を思い出します。

スペアナ、トラゼネは見た事も無くSGは500MHz −5dBμしか絞れなかった

ような時代です。

何もかも手探りでしたがその経験が無駄ではなかったような

3擦り半 擦りすぎてお釈迦にしたり、やすりとはさみの金属加工

導波管の世界を垣間見た気がしました。 

 

微妙な調整を繰り返す事しばし、、、、、

送受信 そこそこ満足いく迄 追い込みました。

もっと、もっとと やってると土壺にはまりますので、この辺で妥協。

 

さて、パワー調整ですが、ALC オフ状態で11W弱ですから

モジュールが多少劣化してますが良しとします。

ALC範囲内 9.5Wにしておきます。

ハンデイトランシーバーで起動試験。変調音等主要項目点検 良好です。

 

1.2GHzのハムバンドは、黎明期の無線界宜しく、未知の周波数でしたから

広大な周波数帯を割り当てられてました。

85MHz帯域だったものが、いつの間にか40MHzに削られ、更には2次業務に

格下げされました。

その影響はレピーター局出力減少や、期間を区切り運用休止を求められる事も

御座いました。

法1条の通り、使わなければ場を譲るのは公共の為ですから止むをえません。

 

1.2GHzリピーター局は ハムの橋頭堡でございます。

延命を切に祈るもので御座います

 

 

 

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
RP70F 受信不安定 その1

受領時点検で受信不安定確認 40dB程度劣化 暫くエージング

2時間程経過後、ほぼ正常に戻る。

ビンテージ機によくある症状、

VCO電圧不安定と判断 

 

劣化部品交換に着手

AVR基板から

全ての電解コンデンサ交換

受信基板  この基板に原因が潜んでいる。

全電解コンデンサ交換

VCO電圧不安定は この電解コンデンサ劣化によるもの

お漏らしの兆し有り。

正攻法で基板をお釈迦にした苦い経験が有る。

同じ轍は絶対踏めない。治してなんぼの修理屋稼業。

手品とは言わないが、、、、不良部品排除成功。

左 受信基板、 右 送信基板

全ての電解コンデンサ交換   右は交換したコンデンサ

 

CPU-UNIT、DTMF-UNIT、CONTROLの各ユニットは

今回故障と因果関係が無いので、温存します。

ビンテージ機は、そっとしておけば壊れないでも

手を付ける事で、大きな故障の原因になる事も有ります。

そうなれば、徹底的な部品交換になるのですが、

この基板のプリント配線は細くて部品交換時に

基板断線の怖れも有ります。 ここは避けて通ります。

触らぬ神に祟りなし

 

動作点検  異常なし、では無く 送信も受信もいまいちです。

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MG3633A アンリツSG の話

MG3633Aは アンリツの最高級標準信号発生器です。

当時2.4GHzの修理は測定器が無いのでメーカー送りでした。

高級車1台分の価格ですから貧乏修理屋には手が届きません。

 

10年位前オークション市場に出回るようになりジャン測としては

高価な部類でしたが当方も入手しました。

ジャン測の常

電源入らない、レベルでたらめ その他 色々ありました。

2個1では無いのですが数台入手して1台まともなSGに仕上げました。

これで2.4GHzも修理可能になりました。

さて MG3633Aは現在極めて格安で入手出来ます。

ハムの方も、入手した方、入手しようと考えている方

いらっしゃると思います。

当たれば幸せですが不運の場合でも諦めないでください。

 

拙い経験ですが、

1,電源が入らない、

  MG3633A 電源入らず

  この場合は、地道にAC入力から辿れば修理可能でしょう。

 

2,出力不足、不安定 の原因が多いように思います。

  MG3633A  RPP-UNIT ランチエージング 

  原因は、ほぼ 過大入力によるものです。

  本機は、50w以下の過大入力には安全装置で保護されてますが

  これ以上の場合は、終端抵抗とその周辺、リレー等が壊れます。

  又 電解コンデンサ液漏れに起因する動作不能等。

  この故障は、MA24106A等電力計で修理後確認出来る手段が

  無ければやらない方が良いでしょう。

  諦める前に 2個1整備は如何ですか?

  もう1台MG3633Aを購入するのは勇気がいりますね。

  当方では自家用に、ランチエージング済みのRPP-UNITを

  準備して不慮の事態に備えております。

 

 

 

 

 

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
315MHz特定小電力局 イモビライザー

イモビライザーが出現したのは二昔前です。

高級車に乗る事も無く、縁遠い話でした。

昨今、廉価の車にまで搭載されるようになり

その便利さに、舌を巻いております。

スマートエントリー

その仕組みに興味津々。

無線で作動するのですから 音波? 電波?インフラレッド?

この小さな筐体の中に何が隠れているのでしょう。

電波なら、スペアナで確認出来ます。

早速取りかかります。

電波を捉えました。微弱無線局でした。

 

電波法によると

 315MHz帯特定小電力局(抜粋) 
●指定周波数帯
中心周波数 313.625MHz

帯域      312MHzを超え 315.25MHz以下
●用途 

小電力業務用(テレメーター、テレコントロールおよびデータ伝送)
● 空中線電力 (アンテナから出る電波の強さ)
中心周波数 等価等方輻射電力
312.00〜315.05MHz 0.25mW以下(250μw)
315.05〜315.25MHz 0.025mW(25μW)

 

広帯域受信機で確認します。

トーンが聞こえます。

この受信機は5kHzステップなのでゼロイン出来ませんが、

AM、FMで変調音が確認出来ます。

3m位離れると聞こえなくなります。

 

施錠、解錠等詳しいシステムは下記のリンクからどうぞ。

MONOist 今更聞けない

 

315MHz帯到底小電力局は、アマチュア無線家にも利用価値の高い

機器が各種廉価で販売されております。

ユニット片手に、想像するのも楽しいもので御座います。

aitendo

| 電気いじり あれこれ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MG3633A SG RF出力無し

SGの出力がありません。

ジャン測ですから、文句は言えません。

写真だけ見ると正常に思えるのですがはずれを引いてしまいました。

大出力レベルにすると受信機が僅かに反応するので治りそうな故障です。

 

とりあえず 手持ち整備済みの RPP-UNIT に交換。

1件落着です。

あっという間のロスタイム

RPP-UNITはジャン測から、この時の為に点検、整備しておいたものです。

 

ジャン測修理は難易度が高いですが

今回の原因(RF出力無し、レベル低下)は簡単な作業で修復可能です。

ジャン測初心者もドライバー1本で交換作業が出来ます。

 

取り外したユニットの故障原因究明 

K1 動作不能。この修理を試みます。

電気系統は正常ですが、接点焼損 リレー修理は不可能。交換処理

ついでに、電解コンデンサ全部新品交換

動作点検。MA24106A でレベル確認。

 3台まとめて点検中

 

本機関連記事

RPP-UNIT

 

 

| 無線修理技術 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |